書評・評論

Thumbnail of post image 002

今回読んだのは『魂の文章術―書くことから始めよう』(ナタリー・ゴールドバーグ著 小谷啓子訳)。以前『クリエイティブ・ライティング–〈自己発見〉の文章術』として刊行された本が、改題、増補されたもの。初版は1995年。今でも息 ...

書評・評論

Thumbnail of post image 159

芥川賞作家、藤原智美さんの『文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術』。
筆者は大学卒業後、『週刊大衆』のライターとして活動を始めます。とはいうものの文章書きとしては素人。毎週の記事で鍛えられていくくだりはち ...

書評・評論

Thumbnail of post image 037

アメブロガーでもある放送作家・バスコさんの『楽しく生き抜くための 笑いの仕事術』(マガジンハウス)。
関東出身の私にとって、大阪の笑いは謎が多いです。お腹を抱えて笑い転げることがあっても、自分でその笑いを作り出せる人はさらに謎 ...

書評・評論

Thumbnail of post image 070

アメヤバ本企画でもお世話になっているフリーライターの山口拓朗さん。本を出版される話は聞いていて「どんな本になるのかなあ」と気になっていたら、ご本人から送っていただきました♪ ありがとうございます!
その名も『イチローともジャイ ...

書評・評論

Thumbnail of post image 197

もうちょっと味わって本を読む方法があるよ、と提言している新書を読みました。
本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)
速読で「何冊読破!」と駆け足で読み進めるのは、どこかに「駆け足で行った!」と言っている ...

書評・評論

No Image

インタビュー関係の本を読んでいて、いろんな聞き手の考え方を知りました。聞く人も聞かれる人もプロなので、面白いです。↓

話を聞く技術! 永江 朗 新潮社

この中で、建築家の石山修武さんが「建築家も水商売みたいなも ...

ライター活動

No Image

この方の記事を読んで、ああそういえばと思ったのがブックカバー。
皆さんどうしてます?
昔よりは種類が増えて、いろんな柄や素材で選べるようになりました。でも文庫本や新書本以外のラインナップはまだまだ少ないかも…。

書評・評論

Thumbnail of post image 049

ライター情報交換会in東京でご一緒したこの方が、当日皆さんに自著を配ってくださいました。
チョイ上の自分史わたし本を書こう!
この本、アマゾンでも扱っていますが525円!文庫版じゃないですよ。A5版の本です。

ライター活動

No Image

面白いもので、ある作家の本を読み続けると文体がうつります。今まで書いたことのない順番で文章が思い浮かびます。元々の自分と違うタイプの作家の本であればあるほど、その変化が面白いです。
三島由紀夫の本ばっかり読んでいたときは、自分 ...

書評・評論

Thumbnail of post image 123

ネットが普及してから、誰でも発信者になる機会を持てるようになりました。私もその恩恵にあずかる一人です。…その「発信者になるのが当たり前な感覚」にガツンと来るムック本を読みました。
本田靖春—「戦後」を追い続けたジャ ...