インタビューライター丘村奈央子/人物取材ならお任せください

ライターに依頼するとメリットがあります

時間が節約できる

 

テキスト作成のためにご自身の仕事を中断して半日や1日を費やしていませんか。ライターに頼んだほうが早くできます。

良質コンテンツができる

 

書き慣れたプロが何度も推敲して記事を構成するので、読みやすく正しい文章を作成できます。

読者に届く

 

スペースや媒体に合った文字数で構成するほか、伝えたい核を捉えて書けるので読者に届きやすい記事になります。

人物取材・執筆では、こんなことを心がけます

派手ではない誠実な文章

誠実な仕事ぶりや真摯な人柄、埋もれている長所を掘り出してテキスト化するのを得意とします。大仰に盛りたくない、でも真面目に取り組んでいる姿勢を分かりやすく伝える文章がほしい。そんな皆さんからオーダーをいただいています。

話せるけど書けない方支援

文書の準備は不要、お客様はその場で話すだけでOKです。コンテンツの狙いやお客様のコンセプトをお聞きした上で取材に臨み、描くための情報はインタビューから引き出します。「話せるけれど書けない」「時間がない」と思ったらぜひお声がけください。

リラックスする取材現場

「準備した内容をしっかり話さなければ」という焦り、「どんなことを聞かれるのだろう」という不安は、ライター側が取り除きます。「ついいろいろ話しちゃったけど大丈夫?」と聞きたくなるくらい楽しい取材、リラックスするインタビューを心がけています。

インタビューライター 丘村奈央子について

1973年長野県生まれ、信州大学人文学部卒業、松本市の日刊の新聞社に広告営業として就職。2000年から(株)ベネッセコーポレーション『進研ゼミ』で高3生の国語/社会科の編集・進行管理・校正に携わる。2004年9月から1年半中国と韓国に語学留学、旧HSK8級を取得。結婚後は関西に在住、大手電機メーカー・シャープ(株)広報室で社内報編集職に就く。2010年5月にフリーライターとして独立、エディラボ代表。2012年5月から横浜市在住。

気持ちよく話せるインタビューが好評で、取材したお客様からは「つい話してしまった」「これを言いたかった」という感想が多数。現在は企業広報やオフィシャルサイトの文章作成のほか、ブックライターとして書籍執筆にも携わっている。

社内報編集の際は、どうしても企画や開発・営業などの華々しい仕事ばかりが取り上げられていました。しかし地道な縁の下の力持ち、目立たずともきちんとした仕事はたくさんあります。携わる皆さんを文章・テキストでサポートできればと考えています。

取材執筆・テキスト納品までの流れ

1

ヒアリング

お問い合わせ後、必要なテキストの内容と文字数/納品締切日/ご予算を確認して【取材日+テキスト作成費+交通費】の合算でお見積書を作成します。

2

日程調整

お見積もり承認後にインタビューの日時を設定し、第1稿提出日も確認します。導入事例などは、ご依頼者にお取引先様の日程調整をお願いしています。

3

取材

コンテンツの狙いと読者を想定しながら取材し、最後はその場で書く前のアウトラインをお伝えします。そのため意図が大きくずれるケースは稀です。

4

納品・ご請求

取材から7営業日後を目安に第1稿を提出。修正を経て納品月の末日にご請求書を発行します。翌月末までにお振込をお願いしています。

料金目安は3つの費用の合算です

取材費

60分あたり

10,000円+税

テキスト作成費

400字あたり

5,000円+税

交通費ほか

実費として

+α円

  • 必要な文字数、時間数で掛け算をすると大体の料金目安が算出できます
  • 交通費のほか宿泊費、出張費(首都圏以外の取材)が掛かる場合があります
  • 写真は別途カメラマンをご依頼いただくか、または同行の方に撮影いただいています
  • どの場合も必ずお見積書を出しますのでご確認ください


これまで取材執筆した業界・ジャンル

  • 製造/機械/IT業/コンサル/建設/研究施設などの一般企業
  • webサイト制作会社、出版社などのクリエイティブ系企業
  • 士業・コンサルタントなど個人で活動する方のコンテンツ
  • 導入事例/事業案内/経営者コラム/社員インタビュー
  • リクルート・日経などwebメディアでの取材記事
  • 取材実績ページにリスト掲載しています

よくある9つの質問

Q. 正確な料金はいつ分かる?

お問い合わせ後、作成に必要な情報が判明した時点で必ずお見積書を作成します。発注するかどうかのご判断はその後で構いません。

Q. 制作会社でも依頼できる?

はい。料金設定は変わりませんが、制作会社や編集プロダクション、出版社からのご依頼も受けています。

Q. 原稿の修正はできる?

はい。第1稿を提出後、1,2回の修正作業を経て完了するケースがほとんどです。あまりにもテーマが変わる場合は書き直しで再度料金をいただいています。

Q. 原稿はいつできる?

取材7営業日後を目安にに第1稿を出しています。お急ぎの場合など特別な事情がありましたらご依頼時にお知らせください。

Q. 資料からの書き起こしは可?

原則インタビュー取材+執筆の組み合わせで受注しています。その場で情報を選択・入手する「聞き役」のプロセスやスキルも記事にとって重要と考えるからです。

Q. 事前の打ち合わせはある?

大量案件や連載などの場合は打ち合わせに伺いますが、通常はメール上で情報を共有して当日取材を行っています。30分ほどであればオンライン対応も可能です。

Q. オンライン取材も可?

はい。SkypeやZoomを利用した取材が可能です。私がお客様の会議室まで伺い、そこでテレビ会議ツールを利用しながら取材したこともあります。

Q. 対談や座談会もできる?

はい。人選が済んだ状態でしたら、ライターが当日の進行と取材執筆を行えます。記事スタイルも事前にご相談します。

Q. レイアウトや見せ方の相談は?

テキスト作成以前の課題については有料コンサルティングとして承っています。コンサルティング料金ご案内を参照ください。


こちらもご参照ください