インタビューライター丘村奈央子の公式サイト

ライターを活用! 企業向けおすすめメニュー

一般企業でもライターを活用した文章作成でこんな効率化や改善を図ることができます。営業・人事・経営コンサルタントの方にも、SEO対策とは一味違った良質なコンテンツづくりでお役に立てます。


社内報や広報誌、自社サイトでのコンテンツ作成

社内広報業務の多くは総務や人事の方が携わり、本業を抱えながらコンテンツを集めて制作しているのが現状です。そんなときはぜひライターに依頼してください。手が足りないコラムや特集記事など、パーツごとの発注も可能です。こんな悩みがあったらおすすめです。

  • 採用ページ用に社員インタビューや社長コラムだけ頼みたい
  • 社内報で全国の支店を紹介したいが取材に行く時間がない
  • サイトリニューアルに向けて事業案内を分かりやすく作り替えたい
  • 企業理念や開発エピソードを聞いてまとめてほしい
  • 失礼がないようにお客様の事例を直接インタビューして聞いてほしい

メルマガでお客様に親近感を持ってもらう

定期的に発行するメールマガジンは、お客様のすぐそばで印象づけができる便利なツールです。しかし宣伝ばかりの内容だとせっかく発行しても読んでもらえません。

こちらでは宣伝や物販を重視するのではなく「読んで役立つ」「企業に親近感がわく」メルマガを作成します。企業にはそれぞれカラーがあり、宣伝以外にもメルマガの種になる話題はたくさんあります。毎月の取材で、伝えるべきニュース+中の人の人柄や取り組みがわかるコンテンツを掘り起こします。

見込み顧客/既存顧客それぞれに違うニュースを発信することも可能です。


お客様の声/導入事例を直接尋ねて書く

新規の顧客獲得に有効なのは、実際に使ったり購入したりしたユーザーの感想です。しかし配布アンケートなどから作成すると表現が通り一遍になってしまい、なかなか本来の雰囲気が伝わりません。

ライターに依頼すれば、直接お客様のところへインタビューに伺い記事を作成できます。第三者の取材なのでお客様も本音で話しやすく、商品へのフィードバックを得ることもできます。事前の打ち合わせではしっかり「どんな声がほしいのか」「読み手に訴えたいポイントは何か」を擦り合わせるので、的を絞ったインタビューが可能です。

また、普段はお客様と接することがない開発者や技術者にとっては、ユーザーが喜ぶポイント/改善してもらいたいポイントが直接聞ける貴重な機会になります。基本的には「使ってよかった!」という褒めの場になるので、ずっと会社に籠もりきりのスタッフほどぜひ導入事例の取材現場に来てください。仕事の励みになります。


対談や座談会企画を利用して、
社内の風通しを良くする

社内報や採用サイトなどで対談や座談会というコンテンツを利用するのはいかがでしょうか。会話調で載せるので読みやすく、長文で訴えるよりも読み手に印象が残ります。

また、共通したテーマで集まって話をすると相手の知らない一面や考え方が見えてくるので、社内コミュニケーションの一環として企画するのも有効です。以前実施したときには「○○さんとこんなに話したことはなかった」「考え方がわかってよかった」という感想を多くいただいています。原稿を作成しないファシリテーション役もお請けしています。


社内向け人物紹介の記事を作成する

社内報などでは、新人や中途採用者の「こんな仕事をしたい」「頑張ります」などの言葉がよく並んでいます。しかしライターなど第三者によるインタビューなら深いエピソードを掘り起こし、人柄や考え方をもっと詳しく伝えることができます。

採用サイトの「社員紹介」欄への掲載のほか、「中途採用者インタビュー」をPDFにまとめて社内配布した企業もありました。仕事に就くと自分のことを長く話す機会が少ないので、インタビューに応じた方からは「楽しかった」と感想をいただくこともあります。

カウンセリングとまではいきませんが、話しているうちに仕事の棚卸しになるシーンは多いです。もちろん原稿はお互いを知るための良い材料になります。社内コミュニケーションの円滑化に一役買います。


ライターへの依頼方法が分からない方へ

ライターと初めて仕事をする方に向けて、依頼方法をまとめています。

話を聞いて文章を書くのは誰でも出来そうですが、なぜプロに頼むとよいのかメリットを書きました。


気になることがありましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。