インタビューライター丘村奈央子の公式サイト

インタビュー取材の方法と記事作成のコツ

インタビュースキルは、一般企業での文書作成やサイトづくりでも活用できます。ここでは私が実践しているインタビューの方法や記事の書き方、聞き方のコツをまとめてみました。人に頼むほどではない、自分でやってみたいという方はぜひ実践してみてください。

ブログ記事「導入事例の書き方・まとめ方/これから質問を作る場合」
ブログ記事「会社案内/事業案内の書き方・まとめ方 5つのチェックポイント」


インタビューは、当日にもらう言葉が命

インタビュー記事では相手が話した言葉が一番力を持ちます。だからこそ当日どんな話をしてもらえるかが肝です。直接話を聞けるのは情報収集のチャンス。せっかくの機会を生かすためにインタビューを決めたらこの手順を踏んでみてください。

1:準備|インタビューの目的を考える
2:準備|目的に合わせた質問を準備する
3:準備|質問はなるべく多く準備しておく
4:当日|インタビューを一問一答にしない
5:後日|聞き出した内容を整理する
6:後日|インタビュー記事としてまとめる

以下で詳しく説明します。

 

1:インタビューの目的を考える

人に話を聞こうと考えたとき、必ず最終目的があります。プロフィール作成なら「こんな人物に見られたい」という着地点があるでしょう。顧客/ユーザーにインタビューするなら「自社製品を褒めてほしい」「ここで役立つことを周知させたい」など文章を作った後に起こってほしい効果と目的があるはずです。

話を聞きに行く前に、必ずインタビューの最終目的を明らかにして書き残してください。ただ漠然と「話を聞きたい」というだけでは相手も何を話せばいいか困ってしまいます。どんな情報がほしいのか、何を話してほしいのかを、インタビューする側が事前にはっきり意識してメモで見える化します。当日はこのメモを持って見えるところへ置いてください。話が逸れそうになったら思い出せます。

 

2:目的に合わせた質問を準備する

当日すべき質問は目的が定まると絞られます。何を聞きたいのか目的をはっきりさせたら、それを引き出すための質問を準備すればいいからです。

例えば社内報記事のためにA課長にインタビューをするとします。もしリーダー論に結びつけたかったら、仕事のチームワークの作り方や部下との付き合い方、A課長がその方法を見つけるまでの苦労などが質問項目になります。でもスポーツで賞を取った話を書きたいなら質問はガラッと変わります。仕事時間との両立や競技の難しいポイント、大会に出たときの様子などを聞けば目標の記事につながるでしょう。仕事話とは聞くことが違うのです。

当日「何を聞くか」で得られる情報が変わるので、目的と質問の統一はとても大切です。

 

3:質問はなるべく多く準備しておく

事前に相手のブログやサイト、会社サイトなどをチェックして「どんな人なのか/どんな経歴なのか/最近何をしているのか」などの基本情報を得ます。調べているときに「これって何だろう?/どうしてこうしたのだろう?」と思うことが必ず出てくるはずです。これが質問のタネです。小さな疑問でも書き留めておきます。箇条書きで構わないので、当日参照できる紙に質問リストとしてまとめておいてください。

経歴からは「なぜこの仕事から今の仕事になったんだろう」「この仕事の面白い部分はどこだろう」「この職業の人はこんな苦労がありそう」「この年齢で決断をしたきっかけは何か」など疑問がわきます。小さくても疑問一つ一つが「当日聞いてよい質問」なので書き留めます。

「こうではないか?」という仮説を立てて、本人に確かめてもいいと思います。合っていれば続けて話してくれますし、間違っていたら訂正してくれます。仮説から話が広がることも十分あります。相手の誹謗中傷でなければ基本的に「聞いてはいけないこと」はありません。見つけた「謎」について積極的に尋ねてください。

質問はなるべく多く準備してプリントアウトしたものを持っておきます。話に詰まったらカンペのように参照してください。インタビューで面白いのは、聞き手によって「視点と聞きたいこと」が異なるところです。同じ人に話を聞く場合でも、Aさんが聞きたいこととBさんが聞きたいことは違います。どちらも合っていて間違いではありません。質問の違いがインタビュアーの個性やオリジナル文につながります。

 

4:インタビューを一問一答にしない

インタビューに限らず、人との会話はキャッチボールのようなやり取りが必要です。一方通行では聞き手も話し手もつらい時間になってしまいます。当日は一問一答型になるのを避けて、前の話題をつなげるようにしてください。

一番簡単な返し方は、冒頭に「それって…」「その○○は…」など「それ・その」などを使って相手の答えを受ける言葉から始める方法です。「それはどこですか」「その○○は楽しいですか」「それって何分くらいですか」と聞くと「あなたの話を受け止めていますよ」というサインになるので柔らかく聞こえ、相手は答えやすくなります。

質問リストを見ながら(ずっと眺めているとほぼ頭に入っているかもしれません)出てきた話題に関連する質問をしていきます。リスト全部を上から順番に聞くのが大事ではなく、時間内に8割が聞けたらOKと考えてください。

話を<させよう>とか、うまく<引き出そう>という考えは相手に透けて逆効果です。迷ったときは質問を並べた手元の紙があると質問が探せます。上記3までの手順は面倒かもしれませんが、準備しておけば当日困ったときに頼りになります。

 

5:聞き出した内容を整理する

インタビューが終わったら聞き出した内容を整理してみましょう。当日は手書きメモでもICレコーダーに任せるのもありです。これは人それぞれ方法があるようです。メモや録音から箇条書きでインタビューの内容を書き出します。個人的にはICレコーダーの録音がおすすめです。当日緊張してしまっても録音さえあれば何とか取り返せます。最近は数千円あれば購入できます。

書き出した内容を見て、相手が話した中であなたが一番読者に届けたい言葉やフレーズを見つけてください。「この発言をぜひ読んでほしい」「これはいいことを言ってくれた」、そんな言葉がありませんでしたか。これが記事の核=読んだ人に一番知ってほしいポイントになります。

 

6:インタビュー記事としてまとめる

インタビュー記事は必ずしも聞いた順に書き起こさなくても構いません。一番言いたいことが読者の頭に残るよう、書き手が構成し直してよいものです。記事の最後に、上記5で見つけた「一番届けたい言葉・フレーズ」を持ってくると組み立てやすくなります。最後の部分が読み終わったときの印象になるからです。

以下がもっともシンプルな構成です。

 ①最終目的に対してネガティブな情報(困ったポイントなど)
 ②そうなったきっかけや理由
 ③現在はどうやって解決しているのか
 ④最後は読者に覚えてほしいことで締める

たとえば最終的に「強い人だ」と思ってほしいなら「弱い人だった時代」から始める。「この製品が便利」と思ってほしいなら「不便だった/まだなかった頃」から始める。最後は書き手にとって一番メリットがある内容で終わらせます。気に入ったインタビュー記事があったら、構成やスタイルをまねると身についてきます。

最後に、書いた文章をインタビューした本人に確認してもらってください。OKが取れたらめでたく完成! インタビュー記事が公開できます。


自力で試したものの「あまりにも時間がかかる、本業を圧迫して大変」というのであればライターがいます。上記のポイントを踏まえて取材を行いますので、ぜひ無理をせずにプロに頼んでください。その分、皆さんは本業に専念できると思います。

今は企業ライター、広報ライターという肩書きで活動している企業向けライターもたくさんいます。美容師さんと同じでライターにも相性の良し悪しがあるので、お好みの筆致・仕事の進め方の人を選ぶとよいでしょう。

もちろんこちらで依頼されるのも大歓迎です。皆さんの目的に沿ったテキストを作成します。