個人向けブックライティング(書籍執筆・構成)

目次作りとインタビューから
書籍1冊分をライティングします

時間と費用がかかっても、ちゃんとしたテキストが欲しい方向け

こちらでは「ゴーストライター」ではなく「ブックライター/ブックライティング」という言葉を使っています。

こんな方におすすめ

  • 企業ブランディングのため、経営者が語るエピソードを書籍のボリュームでまとめたい
  • 自力でKindleなどの電子書籍出版を行いたいが、書き上げるのが難しい
  • 書籍として自費出版をしたいが、自分だけではコンテンツをまとめられない
  • すでに出版社からの出版が決まっているが、本業が忙しくて書いている時間がない

制作フローのご案内

ヒアリング

ご契約前にヒアリングを行い、ライターがサポートできる内容、必要な期間、予算をお伝えします。発注するかどうかはお見積もりを見てから決められます。

お問い合わせフォーム

目次作り 

正式なご契約後、書籍の設計図となる目次作りのために、改めて取材を行って目次を組み立てます。この目次が今後の本文取材の基礎になります。(取材〜目次完成まで約2週間)

本文取材 

完成した目次に従って本文取材を行います。2時間×5回が標準的な取材時間です。連日より1週間おきにするなど、準備期間を設けたほうがスムーズです。(取材完了まで約1カ月〜2カ月)

本文執筆 

取材した全ての材料が揃ってから1カ月半ほどで執筆します。その後本人推敲と修正を経て完成となります。修正にも1カ月ほど必要です。(執筆〜完成まで約2カ月半)

ご予算の目安

制作工程想定する期間料金ご請求タイミング
初回ヒアリング〜お見積もり作成約1週間無料
目次作り(取材2時間・目次組み立て)約2週間132,000円(税込)目次完成後にご請求
本文取材(取材2時間×5回)※回数変更は応相談1〜2カ月110,000円(税込)本文取材終了後にご請求
音声起こし(外注実費・220円/分)※実際の分数で計上最終取材から10日132,000円(税込)全音声起こし完了後にご請求
本文執筆(目次にそって作成〜修正作業)約2カ月550,000円(税込)本文完成後にご請求
合計金額(目安)約5カ月924,000円(税込)

注意事項

  • 出版や製本は含みません。書籍用テキスト制作のみ、ブックライティングのみの内容です
  • 完成稿は持ち込みなどで自由に使っていただけますが、出版社からの出版を保証するものではありません
  • 個人の場合は「目次作りまで/取材まで」は可能ですが、前工程なしの「執筆のみ」はお引き受けできません
  • 出版社を介する場合は「執筆のみ」も可能です

ブックライティング実績

自費出版など、ここで提示した書籍以外にも多数あります。

過去のブックライティングについてnoteでも書いています。

丘村奈央子の自著

「話す」は1割、「聞く」は9割 どんな人とでも会話が途切れない究極の方法(大和出版)2020年4月

人生が変わる会話術(ごきげんビジネス出版/電子書籍)2016年8月 ※1.9万ダウンロード突破

立てる・埋める・直す 3ステップで確実に書き上がる ビジネス書実用書の書き方(ごきげんビジネス出版/電子書籍)2018年4月

人間関係がちょっとラクになる「聞き方」の基本(ごきげんビジネス出版/電子書籍)2014年7月

15分早く帰るためのオフィス仕事術[机周り改善編](ごきげんビジネス出版/電子書籍)2013年10月

書籍コンテンツの作成には構成力と執筆力が必要です。
一人では書けないとき、ぜひライターにご相談ください。