【本】関西のお笑い脳はこうやってできてるのか

【本】関西のお笑い脳はこうやってできてるのか

アメブロガーでもある放送作家・バスコさんの『楽しく生き抜くための 笑いの仕事術』(マガジンハウス)。
関東出身の私にとって、大阪の笑いは謎が多いです。お腹を抱えて笑い転げることがあっても、自分でその笑いを作り出せる人はさらに謎です。
バスコさんは放送作家で在阪の番組も多く手がけています。笑いに厳しい関西人の視聴に耐えうる、高度なバラエティーを作る側の人です(バラエティーは大阪の方が正直面白い)。そんなプロ中のプロが、笑いと仕事を結びつけている本。
何をもって「ボケ」と呼ぶか、どんな「ボケ」があるか、どこで繰り出すか。具体的な場面と豊富な事例で「笑いの作り方」が紹介されています。かなり細かく説明されていて、「こんな順番で考えていくんだな」とか「こんなリカバリーでいくのか」など、新しい発見だらけでした。
内容もさることながら、この本丸ごとが「バスコさん渾身のネタ」になっています。
今度こちらの会場にいらっしゃるみたいですよ!
楽しく生き抜くための 笑いの仕事術
楽しく生き抜くための 笑いの仕事術

最新情報はtwitterで