この聞き方、相手をコントロールしたい人には向きません

この聞き方、相手をコントロールしたい人には向きません

聞き方、話し方の方法を述べるときによく出会う言葉があります。

「相手の話を聞いて【あげて】ください」
「相手にこうだと理解【させる】のです」

これって自分が主体になって、ちょろっと斜め上目線から相手を見るってことですよね。でも本当に「聞き上手」になるために必要な要素なのか。逆を考えてみてください。

「あなたの話を聞いてあげている」
「あなたにこれを教えてやっている」

こんな見方をする人に心を開いて話したくなりますか。優しい人だったら「話さないと相手が満足しないんじゃないか」と余計に気を回して話すかもしれません。でも私だったらこの態度を目の前にすると口が貝になります。

私がセミナーを開いてまで伝えたいのは「相手をコントロールして話を【させる】方法」ではありません。あくまでも「あなたが、相手の話に夢中になって楽しむ方法」です。

——————-

相手がどんな人・どんな状態であれ、
その場の会話を楽しめる体質になる。

楽しんで会話するようになると、
相手が気兼ねなく話せる環境ができる。

「聞き上手」になる。

——————-

だから、私のセミナーは相手をコントロールしたい人には向きません。自分の視点を変えて「会話力」をつけたい人におすすめしています。

——————————–
▼twitter:
丘村奈央子(@okmr09

▼Facebook:

▼ライターの聞き方・書き方 無料PDF集

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。