あなたのブログはどちらのタイプ?

あなたのブログはどちらのタイプ?

ブログの内容を見ていると、大きく2つに分かれます。

1)お金を生み出すことを目的にしたビジネスブログ
2)お金にそんなにこだわっていない私的なブログ

最初に断っておくと、どちらが良いか悪いか、という問題では決してないです。どちらのブログも「あり」です。ただ「お金」をポイントに考えると、上の2つのどちらかに分かれます。

1で求められるセオリーは、いくつかあります。

・ブログのテーマを1つに絞る
・本業に関係ない日常はなるべく書かない
・記事で導きたいリンクは最後に1つ置く

「守らなければ!」という代表3つですね。

ビジネスブログの作り方を知りたい人のほうが積極的に情報を求めるので、ビジネスブログのノウハウを扱うブログが必然的に増えます。

そこでは「いかに効率よくビジネスブログを作るか」がテーマなので、セオリーから外れることに対しては厳しく書かれることがあります。「そんなブログはダメブログ」と言われることすらあります。

でも1を求めるのであれば、厳しい言葉にも一理あります。ただ、自分が本当に1を求めているのかどうかは一度見極めたほうがいいかもしれません。

私も最初は1ばかり目が行っていました。そのためにはどうすればいいのかも調べました。実際に、試したりしました。いかにクリックしてもらうか。いかにブログから直の売り上げを出すのか。…でも今はあまりこだわらなくなりました。

なぜなら、クリックからのつながりより、リアルとの融合が増えてきたから。

使われ方として一番多いのは、実際に会った方が「どんなことを書く人だろう」と確かめに来て、ブログを読んで納得したら連絡をくださるパターン。1とは微妙に違います。

お会いしないまま依頼をくださる人も、「このブログのすごいコピーに惹かれて思わずクリック」というのは皆無です。書いてある内容と文章をじっくり見て、合うか合わないかを判断して、依頼されます。

最近、いわゆるビジネスブログとは違う役割が見えてきて、余計に1にはこだわらなくなりました。これはこれでいいじゃん、と。

もちろん、言葉を駆使して楽しくクリックしてもらうブログはありです。でもそれ以外もありです。どちらの方法でも可能だけれど、その上で自分はどっちを選んだのか。ここさえブレなければあまり苦しくなることはないですよ。

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。