プロフィールを書くのではなく

NO IMAGE

プロフィール作成のお話をいただくと、皆さん「プロフィール文」がほしいからではなくて「確固たるスタイル」がほしいから依頼されているのだなと感じます。

プロフィールの文章というより自分が何者なのかをしっかり決めておきたい。それもなるべく他者から見て整合性がちゃんと取れる姿にしておきたい、だからライターへ依頼する。

お話を聞く立場から見ても、出来上がっているスタイルを文字に焼き直すというより、これから何かを作り上げていくという作業に近いです。

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。