音声で資産を作るという考え方

NO IMAGE

プロフィール作成や記事のためのインタビューを経験していますが、最近「そうか」と思ったのは「自分の方向性を見つけるためのヒアリングと録音」です。これからセミナーやホームページで打って出よう、という方に先日取材してきました。

核になる内容はすでに決められているのですが、話をしているうちに、新しいアイデアや思い出した内容がどんどん湧いてくるんですよね。これは、ICレコーダーで録音していたのですべて残っています。だったら原稿として整える以外にテープ起こしをして、これからのセミナーの材料にもできるなあと意見が一致しました。

頭の中にある考えを全部、表に吐き出してしまう。

これは音声が一番手っ取り早いんですね。ご本人としては書くよりも楽。そしてその場で柔軟にいろんな発想と結びつけることができる。テキスト化されたものを見返せば、また新しい構想につながります。今回の話を基にサイトで無料レポートを置いたら、興味のある方はメールアドレスを残してくださいます。長く話したことをうまく構成すれば、小冊子にもできそうです。

オリジナルの方法をちゃんと確立させてからセミナーや音声レポをやってみよう、というよりも、まず声を出してみてオリジナルの方法をよりブラッシュアップさせたほうが早いかもしれません。

最新情報はtwitterで