ICレコーダー(ボイスレコーダー)を使った取材での注意点

ICレコーダー(ボイスレコーダー)を使った取材での注意点

何となく無意識でやっていたことですが、意外と見落とされているのかもしれません。自分の備忘録としてもブログに残します。

話している本人の声がきれいに入るよう、
BGMは停めてもらう or 静かな場所へ移動してもらう
多人数を1つのICレコーダーで録音するとき、
遠い話者の場合は手持ちをしてでもマイクを近づける
相手が話している最中の相づちはなるべく控える
(自分の声で相手の声が消されてしまうことがある)
「これは記事に使わない話だな」と思ったときは
ICレコーダーの時間を書き留める、話が再開したときも書いておく
(原稿作成の音声起こしのときにここを飛ばせる)
誰かに録音材料を渡すときは
上記の「使わない時間」をメールや文書で伝える
(要らない話を飛ばせたら、その人の時間をムダにさせずに済む)

ポイントは「後工程を考えて行動する」です。上記の条件を無視して録音してしまうと、後々の作業が面倒くさいことこの上ない。成果物の質やモチベーションにも響きます。危ないところは最初に潰しておくのが上策です。

 

丘村奈央子の聞き方本が出ました!

CTA-IMAGE 大和出版より『「話す」は1割、「聞く」は9割』を出版しました。話し下手な人でも大丈夫、聞くのが9割でも楽しい会話が成立します。今までの傾聴や会話法ではうまくいかなかった人にぜひ読んでほしい1冊です。

難しい「法則」は使いません! もっとシンプルに会話を楽しみませんか。