小学校で6年生100人に「インタビューの方法」を伝えました

NO IMAGE

先週11/23(金)に、横浜市内の小学校で「インタビューの方法」を伝える機会をいただきました。集まってくれたのは6年生100人。ちょっと冷え込む1時間目から音楽室に体育座りで講義を聞いてもらいました。2時間目は各クラスに分かれて質問探しのワークです。先生方にもご協力いただいて、いつもの授業とはちょっと違う雰囲気になったかなと思います。

大人向けの聞き方セミナーは20回以上開催しているのですが、子ども向け、それも「そもそもインタビューって?」という段階から説明を試みたのは初めて。何度か学校に訪問して先生方とカリキュラムをご相談し、自分の仕事や意義、その応用まで深く考えるきっかけになりました。

もちろんパッと一言での説明は難しい。でも授業は45分間、何をどう伝えると一番受け取ってもらえるか。小学校でも物事の基礎概念を教える低学年の指導が最も難しいと聞きます。その難しさに近かった。とにかく数日後でも数年後でもいいので「こんなこと言ってた大人がいたな」と思い出して、聞く行為を楽しんでもらえればありがたいです。

後ろでは校長先生をはじめ市のスタッフの方、他のNPOの方も見学されていたのでめちゃくちゃ緊張しました。もっと情報がオープンにできるようになったら、またこちらに追記する予定です。

校長先生のインスタグラムは早かった! 痩せないと!

 

この投稿をInstagramで見る

 

山内小学校(@yamauchi.e.s)がシェアした投稿

 

twitterは頻繁に更新中!

話せるけど書けないときは

話せるけれど、 テキストにまとめるのが面倒、 そんな時間がない。

会社案内や社員インタビューなど、企業内で必要なテキストはいろいろあります。時間が取れないときはぜひライターに頼んでみてください。コンセプトや対象者を考慮した読みやすい文章を制作します。