[聞き方]24時間、聞き上手でいる必要はありません

[聞き方]24時間、聞き上手でいる必要はありません

「聞き上手」という単語から何を連想しますか? 私は「性格が穏やかな人」「人間がまるい人」「器が大きい人」という連想をしていました。そういう人でないと「聞き上手」にはなれないと考えていたのです。だとすると私が「聞き上手」をめざしても実現できない(泣)

そこで「人間的に素晴らしい人しかなれない」と思っていたのを見直してみました。

性格的に、話を聞く側に回りやすい人はたしかに存在します。おそらくその人は24時間その性格で居続けます。これをまねろ、学習しろというのは無茶です。世の中には外向的な性格の人や話し好きな人がいます。

ならばスイッチをうまく入れたり切ったりすることで「聞き上手になる時間」を作ればいいんじゃないか。これなら性格に左右されることなく、意識して切り替えることができます。

実際、私が仕事で「聞く」を実践するときはスイッチを入れ替えています。決して24時間、聞きっぱなしでいるわけではありません。私にも話したいときがあります(笑)

ただ割り切るときは100%楽しんで聞き役に回り、話してよいときは100%楽しんで話し手になります。私の場合、片方に未練があるとどっちつかずになってしまうのです。

聞き方セミナーでは100%聞き役に回る際のスイッチの切り替え方、心置きなく聞き手になるための考え方を教えています。そしていつスイッチを戻すのか、も。

24時間の聞き上手はしんどいです。できる範囲で聞き上手になる、これで十分喜んでもらえる聞き手になります。

 

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。