潤滑油ことば、クッションことばの是非

NO IMAGE

日本で仕事をしていると、
「お疲れさまです」とか
「お世話になっております」という
意味があるのかないのかわからない言葉を使います。
以前、職場のトイレで同じフロアの女性に
「お疲れさまです」と声をかけたら
「なんであなたにお疲れさまとか言われないといけないんですか!
どうして私が疲れてるってあなたにわかるんですか!」と
怒られたことがあります。
まあ、そういう考えの人もいるとは思うのですが。
職場の顔見知りに「お疲れさまです」と言うのと、
知らない人を捕まえて「あなた疲れてるでしょ」と言うのと、
同じだと思ったら上のような怒りにつながるでしょう。
でも、同じではないからみんな使うんですよねえ。
仕事上でよく言う「お疲れさまです」は
「あなた疲れてるよね」という意味ではなくて、
「あなたの存在を認めています」という記号に近いもの。
知り合いがすれ違うのに、
何も声をかけない「無視」の状態は角が立ちます。
かといって毎回違う言葉をアレンジするのは大変。
だから「お疲れさま」という言葉に収斂させています。
生活の知恵ですね。
歯車も、金属の歯車があれば機能はします。
でもそこに少し油を差せばもっと滑らかに回ります。
ギシギシの状態で回す自由もありますが、
油を差す自由もあるのは事実。
こういった言葉は額面通りの意味を持っているのではなく
歯車の間の油だと思って、気楽に使っていいと思いますよ。

最新情報はtwitterで