スキルと対価。

NO IMAGE

モノを作って売るにせよ、スキルを提供するにせよ、
何か「売り物」があって成り立つのがビジネス。
自分も注意しないといけないのですが、
誰かの「売り物」をタダで提供してもらおうと
考える人がいます。
webコンサルタントの人に
メッセージで「あれとこれを教えてください」と
頼んでしまうとか。
カウンセラーの人に
「こんな悩みがあるのでちょっと教えてください」と
言ってしまうとか。
相手の人はその「売り物」で商売をしているので
「しかるべき対価を払うのでこれをお願いしたい」とするか、
「これをお願いする場合は費用はいくらか」を確認するのが
ビジネスとしてのマナーです。
私の場合は、「聞き出すこと」「書き出すこと」が「売り物」。
だから無料でそれを提供することはお断りしています。
仕事術Tipsはあんまり売り物にしていないので
ガンガン出してしまいますが…^^
料金を提示して「その費用は払えない」と断られたら、
それは自分の実力でもあるし、相手のお財布事情でもあります。
払ってでも使いたいと思われたら、その方がお客さまです。
自分がお客さんになるときはその逆。
お互いの適正価格でサービスのやり取りができるといいですね。

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。