「この人は外部慣れしているのか?」がわかる言葉

NO IMAGE

いろんなイベントで人に会います。
会うと名刺交換をしますよね。
このとき、
相手が「外部慣れしているかどうか」が
よくわかる指標があります。
それは
「自分の仕事をどう説明するか」
外で自分の仕事を何度も説明していると、
比較的わかりやすい言葉を使うようになります。
相手が仕事を理解してくれないと、
その先につながらないので
場数を踏むたびに洗練されていくのかもしれません。
逆に、専門用語を並べて説明する人は
「外の世界」に行き慣れていないといえます。
会社内や同じ業界内で使う用語は、
ほかの分野の人は理解しにくいです。
でも日常では通じるので、
クセでそのまま使ってしまう。
私も最初はいろいろ説明していました。
商業雑誌のライターとは違うし、
人から話を聞く機会(インタビュー)が多いし、
でもたまに編集もやっていて、
去年から講師の肩書きも使っているし…。
でも初対面の人に全部伝えるのは無理。
結局、一番シンプルな
「フリーライターです」
に落ち着きました。
名刺を見て興味があるところを聞かれるので、
そこをピンポイントでお伝えするようにしています。
私に興味がない人は自分のお話をされるので、
安心して聞き役に回ります^^
【2月19日 聞き方セミナーのお知らせ】----------—-
 ■日 時: 2012年2月19日(日)13:30~16:00
 ■場 所: 大阪・天満橋 大阪キャッスルホテル内
 ■料 金: 9800円(お茶菓子・メールフォロー付)
 ■定 員: 1名~6名

セミナー詳細・お申し込みはこちらから
http://edi-labo.com/kikikata.html
 話し方に悩んだら聞き方を変えてみてください。
 「苦手だった人とたくさん話せた」
 「会話を盛り上げようと焦ることがなくなった」
 「人と話すときの気持ちが楽になった」
 そんな声をいただいているセミナーです。
---------------------------------------------------

最新情報はtwitterで