[インタビューズ]日本身体文化研究所 矢田部英正さん 3/4

NO IMAGE

日本身体文化研究所 矢田部英正さんへのインタビュー第3回(全4回)です。

理想の姿勢を、椅子で再現する

「立ち姿勢」から「坐り方」や椅子に興味が移っていくきっかけは何でしたか。

せっかく立ち姿勢でいい形を見つけたのに、椅子に坐って卒論を書き始めた途端に腰痛が発症しました。「これは椅子のせいだ」と思ってからだにいい椅子を求めるようになりました。

はじめは北欧家具に惹かれて、坐り心地のいい椅子を求めてヨーロッパまで見に行きました。西ヨーロッパの主要都市はほとんど行きました。フィンランド、デンマーク、フランス、イタリア、アイルランドなど、それぞれの国で日常的に使われている椅子が、とても心地よかったことが印象的でした。結局、ハンス・ウェグナーというデンマークの椅子デザイナーの作品「PP701」を日本で購入しました。しばらくはそれが「世界で一番いい椅子」だと思っていたんですが……使っているうちに「もっとこうだったらいいのに」という不満が出てきてしまって(笑)。

自分に理想の姿勢のイメージがあると、具体的な注文がいろいろ出てくるんです。「こう支えてほしい」とか「お尻のところに弯曲がほしい」とか。そうなってくると、もう自分でつくるしかありません。

その頃、新宿のリビングデザインセンターで「姿勢と椅子」について講演を行った際に、「あなたの理論をぜひ形にしたい」という作家さんが現れて、一緒に椅子をつくることになりました。1作目が完成すると雑誌やテレビの取材が次々に舞い込んできて、TBSの『ニュース23』でも特集番組をつくっていただきました。心ならずも「椅子デザイナー」として世に名前が出てしまって、「もしかしたら、これで食べていけるかもしれない」と。気がついたら椅子づくりにのめりこんでいました。

姿勢の研究から始まって、心地よい椅子を求めてヨーロッパ各地を回り、自分で椅子までつくってしまった。その過程をロードムービーのように綴ったエッセイは『椅子と日本人のからだ』として出版されました。

これからはどんな活動が重要になっていくのですか。

身体技法という領域をどう形にしていけばいいのか、いまだに暗中模索の日々ですが、執筆、製作、教育と、それぞれの活動のなかで、「からだの自然」を開拓していくことを続けたいと思っています。(続く)

矢田部英正さんインタビュー  /  / 3 / 

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。