あとでまとめやすい取材メモの取り方。

あとでまとめやすい取材メモの取り方。

私は人の言葉をテキスト化するときは音声を聞き直しますが、事実を書き起こすときは自分メモに頼ります。メモが得意な人の中には、まっさらなノートに美しい字で、聞いた順番に書き付ける人がいますよね。私はあれがダメなんです。まず聞きながらキレイに書き留められない。書いても、メリハリがないのでパッとポイントが掴めない。だからこんな方法を使っています。

メモはキレイでなくても構わない

取材メモには時系列に沿って3つの役割があります。

・事前:現場で「聞きたいこと」を思い出すための目印
・現場:取材内容そのものの記録

・事後:記事化のためのポイント把握

「キレイにメモを取れない!」というのはコンプレックスなんですが、よく考えたらメモ上で文章を完成させなくてもいいんですよね。清書するときに概念や事実を思い出すスイッチになればよし、です。

ざっくり事前材料をメモしておく

仮にAさんを取材する、とします。

ブログなどを読んだ情報からAさんの経歴を辿るとこんなことがわかりました。

・犬を飼っていたのが今の仕事の原動力らしい
・高校の恩師の言葉が大きかったと何度も書いている
・今の仕事は前職とまったく違う分野である

文章にすると上記のように長くなってしまいます。でも当日「これを聞こう」という目印にするだけだったら、記述はもっと簡単ですみます。

犬→仕事
恩師
畑違いの業種

意外と人の頭は記憶してくれているもので、事前に調べておくと単語さえ見れば詳細を連想できます。当日このメモを見て、現場で思い出して、聞くべきことを文章化します。「なぜ犬が動機になったのでしょう」「ブログで拝見しましたが、恩師からどんな言葉がありましたか」という長い文章は現場で作ればいいんです。

現場ではメモのスキマを埋める

現場では、その周りに聞いたことをどんどん書いていきます。下はサンプルですが、実際のノートもこんなゴチャゴチャ感です。

20130717-115742.jpg

あえて線が絡まったマインドマップを作る、と言い換えてもいいかもしれません。聞いた項目を、自分だけがわかるヒモづけで書き入れます。これは大事、と思ったものは○をつけたり□で囲ったり、大きく書きます。パッと見たとき見逃さない、自分なりの目印でいいと思います。

これならあまり時間がかからないので会話に注力できます。

思い出しながら清書・記事化する

清書するときはこのメモを見ます。先ほども述べたように、人の記憶は思いのほか頼りになるものです。書いた位置や筆圧などからも引き出されます。単語からメモを辿っているうちに 「この話をここに書いているときにこの話も聞いた」とか「書いていないけどこう言ってた」という細かい項目が出てきます。

まとめ

ということで、おすすめの取材メモの取り方はこちら。

・あらかじめ単語で準備しておく
・単語の周りにどんどん情報を書き付ける
・図で思い出すので、キレイでなくても大丈夫

美しく書けなくて困っているときは、ぜひ試してみてください。

 

——————————–
▼twitter:
丘村奈央子(@okmr09

▼Facebook:
https://www.facebook.com/naiyangzi

▼ライターの聞き方・書き方 無料PDF集
http://edi-labo.com/pdfs.html

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。