日本語で作る英語人格と中国語人格

2019年11月10日

中国語が扱える電子辞書と、韓国語が扱える電子辞書を持っています。日本で販売されているものなら、ほとんどに国語辞書と英和・和英辞書がついています。

「とっさの一言」「会話系」の文例もたくさんあって、言い回しを探したいときは活用します。

昨日の人格の話と似て、ここでは「言語による人格の差」を感じます。英語人格と中国語人格と韓国語人格の差が、訳である日本語に現れている。
たとえば、「調子はどうだい?」というフレーズは英語にはありますが、中国語にはありません。手持ちの電子辞書では「身体の調子はどう?」です。

感情を表す一言を検索すると顕著です。「英語的な」「中国語的な」「韓国語的な」日本語がたくさんあります。

英語例
最高の気分だぜ!
なんて幸運な話なんだろう。
この服、気に入ってるの。
ぼくは好みがうるさいんだ。
その会議がうまくいったって聞いたかい?

中国語例
今は私にとって最高に嬉しいときです。
あなたに幸運があるように
私はこの服は気に入らない
(気に入る、という文例がなかった!気に入らない例は9もあるのに!)
お宅のインテリアはとても快適ですね
私は改革すべきだと思います

韓国語例
あなたといると楽しいです。
よい一日を
この服を試着したいのですが
あなたはものしりですね

中国語を扱う項目で「最高の気分だぜ!」という日本語は出てきません。絶対。中国語を調べようとして英語のボタンを押してしまうと、日本語の部分で「あっ、違う言語を選んだ」とわかります。