文章をうまく書きたい人が最初に意識すべきこと、2つ

文章をうまく書きたい人が最初に意識すべきこと、2つ

文章がうまくなりたい、文章力を付けたい、という話をよく聞きます。「どうすればいいですか?」とも聞かれます。文章を書くのが苦手…という人は文字に対して苦手意識があるので、ノウハウの本もちょっと敬遠したりしませんか。

でもまず、この2つを気にして書き始めてみてください。

1 その文章の場面をどこにするか?

2 言いたいこと(結論)は何か?

たとえば、デパートに買い物に行ったという場面を設定してみます。
でも結論で書くことはガラッと変わります。

 買い物に行った →良いものが安く買えた!
 買い物に行った →店員さんに腹が立った!
 買い物に行った →経済の悪化を実感した!

場面を変えても内容が変わります。

 フリマに行った →良いものが安く買えた!
 知り合いが開店 →良いものが安く買えた!
 通販サイトを発見 →良いものが安く買えた!

文章が苦手な人はこの設定をせずに書き始めてしまいます。地図がないまま出発するようなものです。逆に、この2つを設定すれば、途中寄り道しても筋が通った文章を組み立てることができます。

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。