電池残量チェッカー、使ってみました

電池残量チェッカー、使ってみました

20131010-154333.jpg以前からほしかった電池残量チェッカーを買いました。ICレコーダーにはいつも新品の電池を入れていて、残量が半分以下に減ったらまた新品に変えてしまいます(取材途中での電池切れが一番怖いから)。ということで、うちには使い切っていない電池がかなりあります。彼らのポテンシャルを知りたい。

使い切っていないことは明白。残量はあります。でもどれくらい残っているのかがわからない。残りがほんの少しならいつ切れても大丈夫な電子辞書やリモコンで使えるし、結構余ってるならポメラなどの消費が早い機器に使います。

今までは溜めていた「使いかけ電池」を眺めるだけでしたが、このたびやっと電池残量チェッカーを買いました! ヤザワのデジタル! ……買った後に旦那から「こういうの100均でも売ってるよね」といわれて最近の100均の品揃えにびっくり。へええ、すごいな。

でもこれは20段階で表示してくれるし、丈夫そう。一生モノの電池チェッカーになるでしょう。しっかりしたものがほしかったので高いとは思いませんでした。

20131010-155100.jpg▲まだこれだけ残ってた

デジタル表示なので、この電池チェッカーの動力のために単4電池が1つ必要です。とっかえひっかえチェックしてみて、残量多めの電池をチェッカー用にしました。自己解決。

エネループの残量も表示してくれますね。当たり前か。

MW01SV デジタル電池残量チェッカー 9886ab

 

【インタビューライター 丘村奈央子】
★ホームページ・記事・コラム文章作成 →制作メニューと料金 別枠リンク
★あなたのプロフィール、一緒に考えます。 →プロフィール作成サービス 別枠リンク
★お問い合わせ →フォーム

丘村奈央子の聞き方本が出ました!

CTA-IMAGE 大和出版より『「話す」は1割、「聞く」は9割』を出版しました。話し下手な人でも大丈夫、聞くのが9割でも楽しい会話が成立します。今までの傾聴や会話法ではうまくいかなかった人にぜひ読んでほしい1冊です。

難しい「法則」は使いません! もっとシンプルに会話を楽しみませんか。