起業してわかった社交辞令と本気のあいだ。

NO IMAGE

いろんな方にお会いして
「ライターです」と自己紹介すると
「文章を書いているんですね」
「今度お願いしようかな」と言ってくださいます。
独立したばかりのころは
その言葉を結構真に受けていました。
「お願いするって言われたけどまだ来ないな…」
「本当に頼みそうな感じだったけどな…」
今から思えば「社会人的クッション言葉」の加減が
よくわかってなかったんですね。
会社で使うその手の言葉は経験があったけれど、
自分個人の商売に対しての免疫がありませんでした。
だいたい、仕事を頼む人はその場で話を進めます。
いま頼む、打ち合わせの日を決めてしまう、
早い人はすぐにその場で次の話を出します。
「そのうち」「また今度」の日が来ないのはもちろん、
「来月」「一週間以内で」という話も
話半分ではなく10%以下で受け止めるようになりました。
本当に「一週間以内」で来たらそれはラッキー。
カリスマ性がある人やすでに影響力がある人なら
言葉が反故になる可能性はグッと低くなるでしょう。
でも私のようにそんな力がない状態の個人事業主ならば
上記の感覚が実感に近いです。
社交辞令も円滑に交流するための知恵なので、
日本語の面白いところなんですけどね^^
個人的に「この人、仕事できるなぁ」と思う人は
決断と行動がものすごい早いです。
「いいんですか??」という早さで次を手配します。
そんな人に出会うと、
一緒にお仕事できる幸運を噛み締めつつ、
自分も相手に良い影響力を与えられる人に
なりたいなと思います。

書籍を書きたい人をサポート

構成・目次作成・インタビュー取材・執筆まで、トータルで書籍サイズのライティングをサポートしています。自分史や企業ブランディング用の出版執筆でお困りの際はご相談ください。