手持ちのカメラを集合させてみた。

手持ちのカメラを集合させてみた。

思い立って、今あるカメラを集合させてみました。実家にももう1つくらい転がっていた気がする。意外とデジカメもたくさんありました。

IMG_3688.JPG

左上から。

PENTAX K-r

仕事用に買ったデジタル一眼レフ。120色から選べるモデルで、レンズもボディと同じブラウンの単焦点を揃えました。ボディは生産終了。

OLYMPUS PEN FT

父親から借りっぱなし(奪いっぱなし?)の一台。うちの家族の歴史はこのフィルムカメラが全部知っています。シャッター音が軽やか。ハーフカメラなので横に構えても基本は縦に写ります。

IMG_3689.JPGそういえばレンズを買い足していた。zuiko 42mm F1.2。

LOMO LC-A

もう15年くらい経ちます。ピントがレバーで固定されるので自分で動いて距離をとるタイプ。撮りたいものにピントがバチッと合ったときはこのカメラが一番。フィルムカメラ。

PENTAX Optio E90

カメラが必要なのにカメラを忘れて、駆け込みで購入したコンパクトデジカメ。そのときしか使っていないかも…。

RICOH R10

今はコンパクトデジカメといえばこれを持って出ています。ピントが合いやすい感じ。これもブラウンです。

Nikon COOLPIX 3200

2000年代に購入、留学〜数年前まで便利に使っていた一台。軽くて扱いやすい。塗装はハゲハゲだけれど堅牢な造りです。

RICOH XR500

親戚のおじさんが中古で手に入れて、譲ってくれたカメラ。フィルムであまり出番がないのは勿体ないか。

——————-

デジタルよりフィルムのほうがいいんじゃないか、といううっすらとした感覚が残っているので、LOMOやPENは今でも使いたいカメラ。でもやっぱり現像代が痛い。

本当に「デジタル=パッと確認できる」のは便利。覚えたら離れられません。

人間関係を良くする聞き方セミナー ライターの聞き方をコンパクトに理解
人間関係がちょっとラクになる「聞き方」の基本 丘村の電子書籍 第2弾

 

 

■人間関係を良くする「聞き方」セミナー 開催しています

約90分、1回の受講で、仕事でも日常でも使える「聞き方」がマスターできます。話が途切れない、無理に装わない、自然な会話を楽しめるようになります。今までのやり方でうまく進められなかった人はぜひ。