【制作事例】企業の採用案内冊子 社員インタビューとテキスト作成

【制作事例】企業の採用案内冊子 社員インタビューとテキスト作成

2020年1月にこちらの企業に伺い、役員幹部3名、社員の方5名をインタビューして採用案内冊子テキストを作成しました。

 

BFTはシステムインフラに特化した企業で、営業職もエンジニア職もその分野のプロフェッショナルばかりです。採用案内では「まだ企業を知らない学生の皆さんにも分かるように説明する」「業界全体のITリテラシーを上げる社会貢献を伝える」がテーマでした。8名の取材スケジュールは2日間にまとめていただき、ちょうど学校の三者面談の時間割のように1時間ごとにお話を聞きました。

面白いと思ったのは、いわゆる「文系」のITにあまり馴染みがない人でも研修後にバリバリ現場で戦力になっている点です。理系文系で分けると私も文系なので、どうやって技術を理解したのか、実際のプロジェクトではどんな進め方をするのか、どんなキャリアアップができるのか、重点的にお聞きしました。

少し種明かしをすると、研修では実際に2人1組でハードやソフトを用意し、ミッションに沿って自分で調べて方法を探すところから学ぶそうです。魚を与えるのではなく、釣り竿やエサを持たせて釣ってみる体験を「失敗してよい場所」で繰り返してもらう。だから現場に出ても「やったことがあるな」「こう調べたら分かるな」と実践できる。

そのノウハウは他社へ提供する研修事業にもなっています。

また、会社で出版プロジェクトを組み、数人の執筆者を立てて「インフラの基礎」を書籍にまとめています。私も読んでみましたが、IT初心者にも分かりやすく基礎や構造が解説されています。

社会インフラとして欠かせないIT系に仕事として興味がある、でも技術的な自信がない。そんな人でも学びたい気持ちと好奇心があれば面白く技術を身につけられる会社だと思いました。

 

 

■人間関係を良くする「聞き方」セミナー 開催しています

約90分、1回の受講で、仕事でも日常でも使える「聞き方」がマスターできます。話が途切れない、無理に装わない、自然な会話を楽しめるようになります。今までのやり方でうまく進められなかった人はぜひ。