基本情報

プロがインタビューするメリットとは

「聞いて書く」だけなら日本語の読み書きができる人みんなが可能です。でもわざわざ報酬を発生させて「インタビューライターが聞いて書く」ことの意味とメリットは何でしょうか。

※2012年11月3日ブログ記事の転載・一部改変です

 

書く作業に入る前に、交渉と調整ができる

起こりがちなのは、相手から「これもあれも入れてほしい」と後から要望が出ること。プロは「この話はここに入れられます」「この話は今回の筋から考えるとカットしたほうがよいと思います」「あふれた内容はこの項目でフォローできます」と現場でいくつも案を出します。すでに頭の中に設計図があり、どのくらい文字を調整すると入るのか、目安がつくからです。

これを「全部入れます」と言って持ち帰ると原稿が破綻するのがわかるので、「これとこれを、こんな主旨でまとめます」と述べてクライアントとの調整は必ず行います。インタビューの現場で書き上げたときの印象が共有できると大きな直しは起きません。現場での交渉で納得していただくのもプロのスキルです。

 

インタビューで的確な質問ができる

作りたい形(ゴール)がわかれば準備ができ、準備をすると現場では道を外さない質問ができます。うまく質問ができれば原稿に必要な情報が得られます。

必要のない情報をカットしつつ、聞きたい部分を深く聞く質問力は欠かせません。ライターはそれぞれやり方やコツを持っています。頭の中でフォーマットを用意しつつ、話の流れに応じたアドリブが可能です。

以前、クライアントの方がその先のお客様にインタビューした音声を聞く機会がありました。聞いた10秒ほど、会話1往復半の間に、私の頭では「これを聞かないと具体的な話にならない」「この部分をもっと深掘りするべき」「こんな聞き方もできそう」というアイデアが5つ6つ浮かんでその場で提案しました。もし現場で私がインタビューしていたら、すぐ質問して情報を拾いにいったでしょう。

 

読みやすい文と構成に直すことができる

インタビューの内容を聞いた順番で載せることもできますが、読みやすさを考えると必ず加工が必要です。対象の読者はどんな話題から始めれば読んでくれるのか、どの事例をピックアップすると良いのかを考えて内容を入れ替えます。

対象の読者がどんな語彙を持っているのか、考えながら書くのもプロの仕事です。若い女性が対象なら「リンクする・つなげる」と書くところを、シニア層が対象のテキストでは「繋げる・関連づける」と言い換えるなど、いくつか方法があります。

 

だから、プロに頼むと「原稿と時間の質」を上げられる

上記3つはプロとして活動するライターなら兼ね備えているはずです。聞いたけれどまとめるのに1日かかった、聞いたわりに情報が残っていない、そんな悩みがあったらぜひプロのライター/インタビュアーに頼んでみてください。コストはかかりますが原稿の質が上がり、余った時間でほかの仕事を進めることができます。


2015-06-24 | Posted in 基本情報Comments Closed