日本語と言葉の面白さ

笑った校正

通信教材の校正は、3学期に副読本冊子が出るおかげでものすごい山が来ます。延べ1500ページ校正したり。校正者として確認する方も、制作する方も大変なので、たまに変な誤植があります。 ①国別の貿易の表で、輸入額を入れる項目が全部「ポルトガル」になってた ②「1630年ごろ」と書くところが「163
フリーライター 起業と独立の準備

なぜ人物インタビューで独立しようとしたのか

自分のスキルで、何かしよう!と思ったとき。考えたのは人物取材のインタビュアーでした。広告営業を選んだのも、いわゆる中小企業と言われる社長さんたちのパワフルな話が面白かったから。 大企業にいる人は「中小なんて」という目で見る人もいるけれど、自分の事業で稼いで、従業員を雇って、その家族の暮らしまで
フリーライター 起業と独立の準備

個人事業届(開業届)と青色申告届を税務署へ提出しました

決めた屋号「エディラボ」をお上に届け出ようと、税務署に行きました。そんな手順や知識もこの本から学びました。 ↓ フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。 税務署で提出した書類は以下の2つ。リンクは国税局の該当ページです。 個人事業の開廃業等届出書 所得税
フリーライター 起業と独立の準備

迷いに迷って、屋号を決めた日

さて屋号。いろいろ考えたんですよ。 業務に沿っていて、聞いて覚えやすいコンパクトなもので、自分も言いやすい、馴染みやすい屋号はないか。関連する言葉を並べると、まずその言葉、言の葉、編集、エディター、ライターなんてのが出てきます。「言語」じゃ硬い。「ライティング」か「エディット」のどちらかに絞ら
フリーライター 起業と独立の準備

フリーライターだけど屋号はどうしようか

OLでの編集業を辞めて、自分の力だけでフリーランスになろうと思ったとき、迷ったのは「本名でいくか、ペンネームでいくか」でした。 アメブロの中で、そして本業以外で出会っている関西の人は、みんなペンネームしか知りません。1年かけたその人脈を生かそうと思うなら本名はなし。でも、ペンネームだと口座も作
フリーライター 起業と独立の準備

ライターで起業する!その前にやるべきことは?

これからやることはたくさん。自分で忘れないように書いておきます。 このブログの記事を増やすこと。 ライターの実績がほぼゼロなので、ここで信用を作っていくしかありません。ライター用ブログを立ち上げたのだから役立つ記事をたくさん上げていきたい。 サーバを借りてサイトを準備すること。
ライターの考え方・捉え方

今日から始めます

今日からこちらでも始めます。本格稼働は5月からだと思うけれど、準備はどんどん進めなきゃ。それに準備をしているときが一番楽しい。さて何を始めるか。 それは人物取材のライティングです。前々からずーーーっと興味がありました。昔、友達が「一番怖いのは人。でも一番面白いのも人」とつぶやいていたのが印象的