ホーム > 仕事術 > 効率よい仕事の進め方 > 解決★業務の引継ぎ・自分の仕事を説明する(2)

解決★業務の引継ぎ・自分の仕事を説明する(2)

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

前回の続きです。
その2 相手がどこまで知っているのか、確かめながら行なう
「どこまで理解したか」という上から目線よりも、まず「どのくらい知っているのか」を相手の知識を(尊重しながら)確かめたほうがいいと思います。

これはご存知ですか
これについてはもうご存知だという前提で大丈夫ですか
上記のように、まっすぐ言葉で聞く方法と、下記のようにそうでない方法があります。
これってこうなんですよ」と知らないことを前提にした言い方でいうと、知っている場合は「ああ、そうですよね」という反応で「知ってるぞ」アピールが来ます。
そのシグナルは逃さずに、「もう知っている人用」に説明を密かにギアチェンジします。
「知ってるぞ」アピールを受けて、「こちらはもっと知ってる! こっちが教える方だし!」と張り合いたくなるときもありますが、我慢します。
いっそ「うわあ、そこまでご存知なんですね」と相手を立てたほうがよいくらい。
自分の仕事を短時間で把握してもらう、という目的から外れないようにするためです。

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 効率よい仕事の進め方   パーマリンク