基本情報

ライターを使った、企業向けおすすめメニュー

ライターの仕事は出版物や雑誌に限りません。一般企業でも、ライターによる文章作成でこんな効率化や改善を図ることができます。クライアントの業務改善や活性化に悩む営業・人事・経営コンサルタントの方にも、SEO対策とは一味違った良質なコンテンツづくりでお役に立てます。

 

社内報や広報誌、自社サイトでのコンテンツ作成

広報が独立している企業なら専従で社内広報業務ができるかもしれませんが、多くの場合は総務や人事の方が本業を抱えながらコンテンツを集め、制作しているのが現状です。そんなときはぜひライターに依頼してください。手が足りないコラムや特集記事だけなど、パーツごとの発注も可能です。

  • 社員インタビューや社長コラムだけ作成してほしい
  • 全国にある支店や支所も紹介したいが取材に行く時間がない
  • サイトリニューアルで事業案内をもっとわかりやすく作り替えたい
  • 企業理念・代表挨拶・沿革・開発エピソードなどをまとめてほしい

 

メールマガジンで顧客に親近感を持ってもらう

定期的に発行するメールマガジンは、お客様のすぐそばで印象づけができる便利なツールです。しかし、あまりにも宣伝ばかりの内容だとせっかく発行しても読んでもらえません。

こちらでは宣伝や物販を重視するのではなく「読んで役立つ」「企業に親近感がわく」メルマガを作成します。企業にはそれぞれカラーがあり、宣伝以外にもメルマガの種になる話題はたくさんあります。毎月の取材で、伝えるべきニュース+中の人の人柄や取り組みがわかるコンテンツを掘り起こします。

  • 見込み客/既存客、それぞれに違うニュースや役立つ情報を送信したい
  • メルマガに載せたいことを話せるが書けない、書く時間がない

 

お客様の声や導入事例を、聞きに行って書く

サイトやパンフレット、チラシなどで有効なのは、実際に使ったり購入したりしたお客様の感想です。ただ、アンケートなどから作成すると表現が通り一遍になってしまい、なかなか本来の雰囲気が伝わりません。

ライターに依頼すると、直接お客様のところへインタビューに伺い記事を作成します。第三者の取材なのでお客様も本音で話しやすく、商品へのフィードバックを得ることもできます。事前の打ち合わせで「どんな声がほしいのか」「読み手に訴えたいポイントは何か」をすり合わせるので的を絞ったインタビューが可能です。

 

対談や座談会を利用して、社内の風通しを良くする

社内報や採用サイトなどで対談や座談会というコンテンツを利用するのはいかがでしょうか。会話調で載せるので読みやすく、長文で訴えるよりも読み手に印象が残ります。

また、共通したテーマで集まって話をすると、相手の知らない一面や考え方が見えてくるので、社内コミュニケーションの一環として企画するのも有効です。以前実施したときには「○○さんとこんなに話したことはなかった」「考え方がわかってよかった」という感想を多くいただいています。原稿を作成しないファシリテーションもお請けしています。

※ 複数人が登場する対談・座談会の制作ご案内はこちら

 

社内向けにしっかりした人物紹介記事を作成する

社内報などで新人や中途採用者の「一言」が載っていることがよくあります。「がんばります」「こんなことをしたい」などの言葉が並びますが、第三者によるインタビューなら人柄や考え方をもっと詳しく伝えることができます。

どこかに掲載することもできますし、PDFにまとめて社内配布するなど工夫する企業もありました。また、仕事に就くと自分のことを長く話す機会が少なくなるので、インタビューに応じた方からは「楽しかった」と感想をいただくこともあります。

カウンセリングとまではいきませんが、話しているうちに仕事の棚卸しになるシーンは多いです。もちろん原稿はお互いを知るための良い材料になります。社内コミュニケーションの円滑化に一役買います。

 

ライターへの依頼方法がわからない方へ

ライターと初めて仕事をする方に向けて、依頼方法をまとめています。

ライターにどうやって仕事を頼めばいい?

話を聞いて文章を書くのは誰にでもできることですが、なぜプロに頼むとよいのかメリットを書きました。

プロのライターがインタビューするメリットとは?

まずはお気軽にお問い合わせください。

bu_toi


2015-06-24 | Posted in 基本情報Comments Closed