仕事術

ライターの考え方・捉え方

取材する側から「される側」になって改めて見えたこと

先日、キキゴタエというオウンドメディアから取材依頼をいただき、ほぼ初めて自分について長く話す機会をいただきました。最初は私が取材する仕事の依頼かと思ったら、相手の方がこちらに聞いてくださるというのでびっくり。
ライターの書き方

「ブログを書く」と「本を書く」の違いは何だろう

4月末に出した電子書籍『立てる・埋める・直す 3ステップで確実に書き上がる ビジネス書 実用書の書き方』は、おかげさまで多くの方に購入され、感想をいただきました。2017年に『人見知りで出不精のOLがコミュニティの女王になった理由』(大和書房)という本を出した中村薫さんもその中の一人です。自分が書い
ライターの書き方

電子書籍『ビジネス書 実用書の書き方』が発売、半額セール中

4/27に電子書籍第4弾『立てる・埋める・直す 3ステップで確実に書き上がる ビジネス書実用書の書き方』が発売になりました。タイトル長い! 便宜上『実用書の書き方』という表記でいこうと思います。 コンテンツがあるのに書けない人への解説書 この電子書籍は、「本を書く」という一見遠大でくじけそうにな
ライターの聞き方

常識はずれ?! 現役ライターの聞き方講座、リクナビNEXTジャーナルで3回連載

2011年から展開している現役ライターの「聞き方」講座。このたびリクナビNEXTジャーナルで3回にわたって記事を書かせていただきました。聞く仕事の人はもちろん、営業や接客、プライベートの会話でも応用できる方法です。 意識とやり方をちょっと変えるだけでもずいぶん人間関係が楽になりますよ。 丘村
ライターの聞き方

電子書籍『人生が変わる会話術』はこちらで購入できます

2016年8月に刊行した電子書籍『人生が変わる会話術』は、おかげさまで発売から1年以上経った今でも売れています。2017年5月にはAmazon Kindleの月替わりセールに選ばれ、有料ながら全カテゴリーの中で最高位27位を記録しました。 電子書籍で読めるほか、紙の書籍としても買えるプリントオ
ライターの伝え方

販促冊子・事業案内・セルフマガジン制作で必要な基本の7工程

必要なテキストを必要な文字数書くのは比較的シンプルな作業です。でもそれを「販促冊子にまとめたい」「セルフマガジンにしたい」「雑誌や広報誌にしたい」となると下準備が要ります。意外とプロセスを知られていないのと思ったので、ざっくりまとめました。
ライターの働き方

ライターとして仕事を請けるとき、いつも確認していること

ライターがどうやって仕事を請けるか、昔から議論されています。よく見かけるのは「安く請けてしまった」というライター側の嘆き、「コミュニケーションや連絡が取れなくなった」という発注側の嘆き。一見正反対の立場ですが、本質を突き詰めるとどちらも作業を始める前のコミュニケーション不足が生み出している問題ではな
ライターの聞き方

「今はこの方法しか使っていませんよ」ある編集者さんの聞き方実践録

ある編集者さんと打ち合わせをしていて、聞き方の話になりました。すると「丘村さんのメソッドを聞いてから、もうそれしか使ってませんよ」とのこと。おお!自分のメソッドは自信があるものの、他の人がどう捉えているのか気になります。状況を詳しく聞いてみました。