ライター同士は競合するのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ライターという職業に就いている人は何万といると思います。それぞれ同業他社として競合するのか考えたとき、 私は競合はしないと思います。

例えばこの「インタビューで集客」という仕事。

他のライターさんが真似をしてもいいと思っています。実際に同じようなスタンスで仕事をしている人もいます。でも、たとえ同じ人に同じインタビュー材料をもらったとしても、テキストは絶対にライターごとに違います。切り口や話の持っていき方、選ぶ語彙、強調したい部分など要素はいくらでも挙げられるでしょう。聞く人のフィルターが違うので、当然アウトプットも変わってくる。

1つだけの正解はありません。どれもOKで、依頼されたクライアントさんが納得できるものであれば全部正解。それでいいと考えています。

先日、みきちんさん主催のライター情報交換会でもいろんなライターさんにお会いしました。同じ職種でも経験が同じ人は一人もいないので、重なりません。むしろその違いを活かして、どう広く展開していくかという話をしていたくらい。

ちょうど美容師さんに似ているかもしれません。

美容師さんや世の中にたくさんいるけれど、波長が合ったりセンスが好みだったり、ぴったり来る人はそれぞれですよね。ライターも同じです。お客様によってどのライターに書いてもらうと気持ちよく取引できるのか、気持ちよくテキストを読めるのか、人それぞれです。つぶし合う必要はありません。

そんなわけで、ライターは競合しないと思います。

——————————–
▼twitter:
丘村奈央子(@okmr09

▼Facebook:
https://www.facebook.com/naiyangzi

▼ライターの聞き方・書き方 無料PDF集
http://edi-labo.com/pdfs.html