ライターの書き方

ライターの書き方

「ブログを書く」と「本を書く」の違いは何だろう

4月末に出した電子書籍『立てる・埋める・直す 3ステップで確実に書き上がる ビジネス書 実用書の書き方』は、おかげさまで多くの方に購入され、感想をいただきました。2017年に『人見知りで出不精のOLがコミュニティの女王になった理由』(大和書房)という本を出した中村薫さんもその中の一人です。自分が書い
ライターの書き方

書き言葉を磨くなら「校正」を学んで損はなし

ある程度「正しい文章」をめざすなら手があります。それは校正を学ぶこと。意外と「大きく間違えずに文章を組み立てる」というのは「上手な文章」に見せる近道で、ルールを徹底すれば実現しやすい。そのために知っておくと便利なのが校正の知識です。
ライターの書き方

電子書籍『ビジネス書 実用書の書き方』が発売、半額セール中

4/27に電子書籍第4弾『立てる・埋める・直す 3ステップで確実に書き上がる ビジネス書実用書の書き方』が発売になりました。タイトル長い! 便宜上『実用書の書き方』という表記でいこうと思います。 コンテンツがあるのに書けない人への解説書 この電子書籍は、「本を書く」という一見遠大でくじけそうにな
ライターの書き方

[画像あり]400字、800字ってボリュームどれくらい?

仕事の話をするとき、いつも400字を1つの基準にして計算しています。でもこの物差しは普段「原稿用紙400字詰めでどれくらい」と考えていない人にはピンと来ません。そこで、パッと「これくらいのボリュームですよ」とわかる画像を自分用に作りました。
ライターの書き方

【無料PDFでサクッとわかる】社会人の基礎知識、自己PRや対談の書き方、聞き方のコツなど8種

ライターとして活動していると「どうやって書くんですか」「どうやって聞くんですか」という質問をよくいただきます。さすがにお酒の席ですぐお話しできる分量ではないので、PDFにまとめることにしました。
ライターの書き方

分野が違うライターさん2人に会ってきました

先日、ライターの佐々木恵さんと真崎睦美さんにお会いする機会がありました。ジャンルやスタンスの違いでも刺激をたくさん受けて帰ってきました。
ライターの書き方

「うまい文章」を書く前にありがちな誤解

良い文章といわれるものにはいろんな形があります。わかりやすい文章、伝わる文章、明快な文章、端正な文章、味のある文章など。「うまく書きたい」というのは誰にでも共通する目的だと思うのですが、そのプロセスでよくある「誤解」があります。どんな文章をめざす人でもちょっと気に留めてください。
ライターの書き方

「お客様の声」制作はアンケート回答だけでまかなえるか?

導入事例、成功事例などの取材お問い合わせはよくいただきます。直接話を聞きに行って組み立てるタイプもあれば、「アンケートをとったのでそれを基に書いてください」というタイプもあります。このアンケートがちょっと曲者です。