ホーム > 仕事術 > 仕事で気持ちが落ち込んだら… > [メンタル]無理難題で自分の限界を広げる

[メンタル]無理難題で自分の限界を広げる

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@オフィスワークの知恵袋です。
5月の朝日新聞に、坂本龍一さんが仕事についてシリーズで語っている記事があります。
その中で残っている言葉が「自分の限界を広げる」。
彼を有名にした映画『戦場のメリークリスマス』は、「音楽もやらせてください!」と大島渚監督に頼み込んだそうです。
映画音楽をやったことがなかったのに。
『ラストエンペラー』では 役者として撮影に参加した半年後、「音楽もやって」と言われたそうです。
制作期間は一週間で。
さすがに二週間に延ばしてもらったそうですが…。
でもこの2人の巨匠とはそういう無理をしてでも仕事がしたいと思った。
結果、この2つの作品は坂本さんの知名度もさることながら、可能性も大きく広げるきっかけになったそうです。
映画監督は常軌を逸しているけれど、そういう人と仕事をすることが「自分の限界を広げる」機会になる。
思いもつかない仕事を任されたら、そこに自分を投げ込むことが大事。
「やってみる」のはそれだけで価値がある。
才能がある人はどこかで無理を経験したことがあるんですね。
逆に、才能を伸ばしたかったらどこかで無理をやってみないと。
[関連記事]
[机上の小技]記憶は外部装置にお任せ(5)モバイル
↑これで記事をストックしていました
29日はこんな日でした。

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 仕事で気持ちが落ち込んだら…   パーマリンク