ホーム > 仕事術 > 役立つ机上の小技 > その書類のどこをよく触りますか[机上の小技]

その書類のどこをよく触りますか[机上の小技]

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@オフィスワークの知恵袋です。→うちの本業はこちら

仕事をしているといろんな書類が必要になります。
山積みになっているところからペラ1枚を探すときもあれば、立てかけてあるところから角をめくって探すこともある。ファイリングされたものをめくることもあります。
何かその書類を探すとき、一番最初に触る場所に情報を書き込むようにすると便利です。
例えば、上を閉じていて右下の角をよくぺらぺらめくる書類には右下の角に情報を書きます。通し番号であったり、その書類を次回確認する日付であったり、人の番号であったり。
立てかけて上からよくめくるものは、上のほうに情報を書きます。右からよくめくるものは極端な右端に。メモ書きなら特に、見映えをあまり考えずに効率重視で便利な場所に書き込んでいます。
どうしてそうするのかというと、いちいち取り出してめくって中まで確認する手間が非常に面倒くさいので(笑)
それならば2~3cmをちら見するだけで書類の次の手続きが分かるほうが楽です。
電話番号を確認しないといけない書類が何枚も必要になるなら、あらかじめ番号を書き込む場所を端っこにしたフォーマットで作成するくらいです。
[仕事の進め方]見やすさ・視認性は効率に直結している
ほかの机上の小技

もっと知りたい?


Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 役立つ机上の小技   パーマリンク