ホーム > 仕事術 > 役立つ机上の小技 > 穴開けパンチを使うときに[机上の小技]

穴開けパンチを使うときに[机上の小技]

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@オフィスワークの知恵袋です。→うちの本業はこちら

穴開けパンチを使うとき、どうしていますか。中心を合わせるポイントは開けるところについているので目安にしますよね。

以前「そのポイントを使うことはわかるけれど、開ける方のどこが中心か分からない」という後輩がいました。

私は軽く2つ折にして中心を見つけて、1mmくらいの目立たない印を爪でつけています。それを後輩に教えたときに驚愕していたのでこちらが驚いたのを覚えています…。

よっぽど曲げてはいけない大事な書類なら、同じ大きさの紙で折って中心を見つけて、2枚を重ねて穴を開けます。

方法としては

 ・穴を開ける
 ・定規で測って真ん中を見つける

などがあると思いますが、皆さんは他の方法を使っていますか?

もっと知りたい?


Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

穴開けパンチを使うときに[机上の小技] への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >夕月 檸檬さん
    自分たち世代もなるべく後ろ指をさされることがないように気を付けないといけないですねえ…。

  2. 夕月 檸檬 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    考える習慣のない人達が多いですよね。
    年下の世代の人達を育てた上の世代の人達を見ると「さもありなん」ですが、間に挟まれる世代はたまりません…。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >夕月 檸檬さん
    たまに「本当に考えるクセがない人がいるんだ」とびっくりするときがあります。
    自分より上の世代の人も自分たち世代についてそう思うことが多いのでしょうが、それを上回ってすごい気がします。
    教える方もあきらめて教えていなかったりすることもあるので、それは少し気の毒な部分もありますねえ。

  4. 夕月 檸檬 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    それは驚愕の事実ですね!
    そう言えば、私の後輩にも、ちゃんとした位置に穴を開けられないコが居ましたが、自分で紙の中心を探さなくても中心がわかるタイプの穴あけパンチだったんですよ。
    自分で中心を探さないといけないタイプの場合、私は丘村さんと同じ方法を使っていますが、子供の頃に教えてくれる大人達が居なかったのでしょうか?
    私は小学生の頃、プリントなどをフラットファイルに綴じる時、親からも先生からも、半分に折って少しだけ折り目をつけると教わりましたが…
    年々、自分よりも下の世代の人達が周りの大人達から何も教わっていないことに驚いてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 役立つ机上の小技   パーマリンク