ホーム > 仕事術 > 役立つ机上の小技 > [机上の小技]Excel(エクセル)を使った公平・公正なくじ引きの方法

[机上の小技]Excel(エクセル)を使った公平・公正なくじ引きの方法

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@オフィスワークの知恵袋です。
仕事で、プレゼントの抽選を行うときがあります。
だいたい応募してくれた人から数名なので、エクセルと身近にあるもので公正なくじ引きを工夫しました。
1 エクセルの左端(A列)のセルに応募者の名前を書いていく
自分の場合、この順番が応募順だったり名簿順など、あるパターンに並んでしまうことが多いです。
そうすると同じような人がいつも同じような位置に。
2 隣のセル(B1)をクリックして、[関数]メニューから【RAND】を選ぶ
(半角で =RAND() と書き込んでもOK)

これは乱数を発生させるコマンド。
3 そのセル(B1)の右下をドラッグして、がーっと下へ

応募者の名前があるセルの隣に乱数ががーっと入っていきます。
乱数なのでランダム。
4 コマンド+Aでグラフ全体を選び、[データ]メニューから[並び替え…]を選んで、B列の昇順で並び替え

応募者もランダムな数字の大小に合わせて並べ替えされる=シャッフル!
このときに、実はセルの行番号が3桁(100以上)の人は足切りになっています…。
1~99の中から当選者を選ぶためにはアナログな方法を。
5 要らない紙で0~9までのくじを作り、2回引く

「6」「2」と引いたら行番号62番の人が当選!
機械による無作為なシャッフルが入るので、公平ですよ。
ほかの小技は小目次から

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

[机上の小技]Excel(エクセル)を使った公平・公正なくじ引きの方法 への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >藤沢あゆみ@パワーブロガー養成第1号さん
    ありがとうございます!
    23:15の記事で29日は店じまいです^^

  2. SECRET: 0
    PASS:
    もうすぐ終わりかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 役立つ机上の小技   パーマリンク