ホーム > 仕事術 > 職場の人間関係対処法 > ギャル曽根も黒髪になった[人間関係]

ギャル曽根も黒髪になった[人間関係]

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@オフィスワークの知恵袋です。→うちの本業はこちら

ギャル曽根が黒髪に! 「ギャルじゃない」の声も
 茶髪に濃い目の化粧が『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京)でテレビデビューした時よりのトレードマー……….≪続きを読む≫

大食いタレントの中ではギャル曽根ちゃんを応援しています。見た目はギャルだけれど、いろんなところに気遣いをする人だし、食べっぷりも見事。しっかりしているからこそタレントとしてのお仕事もくるんだろうなあと思います。

そんな彼女が黒髪になったとのこと。ニュースにはちょこっと写真もありますが、個人的には黒の方がいいんでないかと。好みなんですけどね。

私が職場でも服装や髪型の規定がいろいろあって、20代の中では「なんで守らないといけないんだろう」と思う人もあるようです。誰にも迷惑をかけていないし、実害があるわけではないのに、と。

私は、あまり極端な校則のような決まりでなければ、従う方が仕事を進める上でベターだと考えます。

学校のような同じ価値観の人が集まる集団なら、そのファッションや髪型も許容されますが、会社や世間に出るとあらゆる価値観の人にぶつかります。許してくれる人もあれば、眉をひそめる人もいる。

仕事を進める上で、いちいち眉をひそめる人とぶつかったり、許容してもらおうと骨を折ったり、というのは時間が勿体ない話です。そのパワーは本来の仕事に振り分けられるべきもの。

余計な波風を立てない=効率よく振る舞える

そのためにも会社時間で組織人として動く時間帯は、なるべく多くの人が許容しているストライクゾーンに沿っていた方が得です。ファッションや奇抜なことはプライベートで発揮。

フリーランスの人や芸術的なところで勝負している人はこの限りではないんですが。オフィスでは、やっぱり無難なところのほうがすっと動きやすいですね。

もっと知りたい?


Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 職場の人間関係対処法   パーマリンク