ホーム > 仕事術 > 職場の人間関係対処法 > [人間関係]出世する人としない人の差とは

[人間関係]出世する人としない人の差とは

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

出世を望んでもなかなか叶わない人と、どんどん道が開かれている人がいます。
本人は「なんでだろう」と思っていますが、傍から見るとわかることが一つ。それは「責任をかぶる覚悟があるかどうか」。
どこかで「そんなことまで自分が?」と思っていると、不測の事態のときに透けて見えてしまったり、通常の仕事でも周りや部下の人にばれます。
上にいる人は、少なからず下の人よりその部分のアピールが強いです。下の人もやりやすい。「その仕事の責任は取るからやってみろ」と。
もっとも、上に対してのアピールだけで下のフォローがない人もいるのですが、出世という一点で考えれば力の入れどころは正しいようです。
口だけでも、「責任をかぶるから」と周りに言える人は上に行っています。

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

[人間関係]出世する人としない人の差とは への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >トミー さん
    コメントありがとうございます!
    そう言っていただけると、書いた甲斐があります♪

  2. トミー  より:

    SECRET: 0
    PASS:
    目から ウロコが でる ブログですね。 おもしろいですよ 

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >津熊照美さん
    コメントありがとうございます!
    確かに、どんどん人や物が集まってくる人は「好かれている」という条件を満たしていますね…。自分で磨くのが難しいスキルだからこそ価値があるのでしょうか…。

  4. 津熊照美 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして~
    私は結婚相談のお仕事で上場企業の役員までになりはった人の結婚のお世話を致しまして~その人に何万人の中からトップの数人にまでなるには?とお聞きしたら~「人に好かれる」この要素も必要だと言われていました~突然に失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 職場の人間関係対処法   パーマリンク