ホーム > 仕事術 > 効率よい仕事の進め方 > どうすれば早い? 仕事の順番を考える

どうすれば早い? 仕事の順番を考える

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@15分早く帰れる仕事術です。→ノウハウ一覧
同じ作業をするなら、なるべく早く終わらせたい。みんながそう思っているはずなのに、なぜか「早く終わる人」「遅くまでやっている人」に分かれてきませんか?
「早く終わる人」は段取りが上手です。手がける前に作業を分割して、集中してやるので早い。単純な例を挙げますね。

【100枚の封筒にシールを貼って印をつける】
工程1 封筒にシールを貼る
工程2 印をつける

とても簡単。工程は2つです。でも早い人と遅い人は、ここから差がつきます。皆さんならどうやって進めますか。

Aさん
封筒にシールを貼る→印をつける 封筒1完成
封筒にシールを貼る→印をつける 封筒2完成
封筒にシールを貼る→印をつける 封筒3完成

順当に封筒が完成していきます。
でもBさんはこうします。

Bさん
封筒にシールを貼る、貼る、貼る、貼る、貼る、貼る…×100
貼ったあとに印をつける、つける、つける、つける…×100

100枚仕上げるのに、Bさんのほうが早く終わります。
Aさんは、シールを貼って、ペンを持って印の箇所を見て、印をつける。ペンを置く。封筒をどけてシールを持って、貼って…と1つの作業にかける動作が多すぎるからです。
Bさんは、探したり考えたりすることなく単純作業で没頭できます。貼るときは貼るだけ。印をつけるときはめくってつけるだけ。頭にも楽なんですね。
「~をしながら~をする」というのは一見手際がよさそうですが、両方に気を配らないといけないので気持ちと手順のロスが増えます。1つに絞ることができる作業は、1つだけを集中して行ってみてください。 
募集中♪
---------- ☆ ---------- ☆---------- ☆ ----------
■身につければ一生モノの会話術【聞き方セミナー】■
  12月13日(火)13:30~16:00 大阪・天満橋
  料金:9800円

お申し込み・詳細

職場や営業だけでなく、家族や友達にも使える聞きワザ。
ライターの経験を踏まえて2時間半でお伝えします。
クローバー 受講者のご感想
  10/2 セミナーの様子と受講者ご感想
  セミナー一週間後のご感想
  11/19セミナーのご感想
  ↑この当日に実践した方の成果
  こじまさん記事★苦手克服 お勧めセミナー
  道岡さん記事★聞き方セミナーを実践して得た成果
  木下さん記事★聞き方の技って?
---------- ☆ ---------- ☆---------- ☆ ----------

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 効率よい仕事の進め方   パーマリンク