ホーム > 仕事術 > 職場の人間関係対処法 > 言葉にウインカーをつけよう

言葉にウインカーをつけよう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@15分早く帰れる仕事術です。→ノウハウ一覧
車を運転していて、前の車が急に止まったり急に曲がったりするとびっくりしませんか。手前からウインカーで「右に行きます」「左に行きます」とシグナルを出してもらえれば、周りの人も動きに気をつけることができます。
言葉も同じです。
急に「お願いがあります」とか「聞きたいんですけど」と言われると、相手は「どの話?」「どのくらい時間がかかるんだろう?」と心の中で警戒してしまいます。
留守番電話でもそうですね。「ちょっと話があるので折り返し電話ください」とだけ入っていると、「どの話?」「急用?そうでもない?」と心配になります。
でもそこで一言だけ。ウインカー言葉をつけてみましょう。
「○○のプロジェクトの日程の件なんですが」
「昨日行ったクライアントの件ですが」
「明日締切のレポートの件ですが」
「仕事の悩みがあるんですが」
などなど、最初にちょっとだけ方向性を示す言葉があるかないかで、受け取る側の気持ちがずいぶん変わります。
★このブログの仕事術をまとめたPDFをダウンロードできます。

■ 言葉サポートメニュー ■
【6名のみ】無理をしない「聞き方」セミナー
言葉コンサル

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 職場の人間関係対処法   パーマリンク