ホーム > 仕事術 > 効率よい仕事の進め方 > ◆説明をする側とされる側、どちらがいけない?

◆説明をする側とされる側、どちらがいけない?

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@15分早く帰れる仕事術です。→ノウハウ一覧
AさんがBさんに仕事の説明をしています。Bさんはなかなか理解できなくて、何度も疑問点を確かめています。やり取りが続いている最中にAさんがつぶやきました。
「なんでわかんないのかな」。
こんなとき、いけないのはいくら言ってもわからないBさんでしょうか。それとも説明しているAさんでしょうか。
私は、Aさんに責任があると考えます。「なんでわかんないのかな」に答えるとしたら「説明が下手だから」に尽きます。
なぜなら、全体像が見えているAさんはBさんより持っている情報量が多いからです。どこがわからないのか、何を取り違えているのか、俯瞰的に見ることができるのはAさんだけです。
Bさんは地図がない状態から断片的な情報をもらって、つなぎ合わせるしか方法がありません。「なんでわかんないのかな」と言われても、その情報がどこまで重要なのか、Aさんが伝え切れていないなら正しいつなぎ方を想像する術もないわけです。
もしBさんが「そんなことは知らなくてもいい」と聞く耳を持たないときはBさんにも責任の一端が生まれます。でもAさんが「わかってほしい」と思い、Bさんが「理解したい」と思って、お互いに時間と手間を割いているのに伝わらないなら、Aさんの腕にかかってきます。
・全体→細部の順番に説明する
・相手がどこまで知っているのか確かめる
・同じことを違う言い方で伝えてみる
説明はこの繰り返しです。
★このブログの仕事術をまとめたPDFをダウンロードできます。
----------—
就職ブログランキング
仕事術ランキング
人気ブログランキングに参加中!

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

◆説明をする側とされる側、どちらがいけない? への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    Bさんは、やる気があって良いですね。
    もしかするとBさんが考えている内容が既に出来上がっているのかもしれません。
    一度、AさんがBさんへ説明するときに「なぜ」こうするのか伝えてみると理解が早まるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 効率よい仕事の進め方   パーマリンク