ホーム > 仕事術 > ビジネスの基本情報とマナー > 社会人になるときに使える魔法の言葉

社会人になるときに使える魔法の言葉

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

就職して、会社に行っても何が何だかよくわからない! というときでも、3つの言葉を使うようにすれば、先輩が手を差しのべてくれます。
 1 ありがとうございます。
 2 申し訳ありません。
 3 お願いいたします。
これだけ!!
何か教えてもらったら ありがとうございます
場所を紹介してもらったら ありがとうございます
廊下でよけてくれた人にも ありがとうございます
ドアを押さえてくれた人にも ありがとうございます
失敗してしまったら 申し訳ありません
人の名前を間違えてしまっても 申し訳ありません
誰かにぶつかったら 申し訳ありません
忙しくて時間が取れなかったら 申し訳ありません
書類を人に渡すときに お願いいたします
分からない操作をやってもらうとき お願いいたします
仕事を途中までやってもらうとき お願いいたします
電話を回してもらうとき お願いいたします
とにかく、この3つが必要なときにすぐ(←大事)言えたら、印象が2割増し(管理者体感比)です。
ちゃんと使えない人も多いので、使えるだけでも一歩リード間違いなし。
  2つのランキングに参加しています。
↓↓応援クリックポチっとお願いします!↓↓
  [人気ブログランキング ] 今日は何位?
  [ぶろぐ村]

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: ビジネスの基本情報とマナー   パーマリンク