ホーム > 仕事術+α > 巷のニュース・TV > 正社員への狭き門(1)採用側の事情>NHKクローズアップ現代

正社員への狭き門(1)採用側の事情>NHKクローズアップ現代

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

派遣OLの仕事術へようこそ! →目次
09年5月19日放映のNHK『クローズアップ現代』の内容は「正社員への狭き門」。今年の採用活動、就職活動の現状をまとめたもの。
司会:国谷裕子
ゲスト:三田紀房(漫画家・『ドラゴン桜』『銀のアンカー』ほか)
<採用活動>
ある大手精密機器メーカー。ここは「即戦力」を求めて学生を採用し始めている。面接で見ているのは「問題にぶつかったときにどう対処するか、できるか」。
学生1
 学生時代は200人以上の部員を持つテニスサークルの部長を務める。
 学内で最高数の新入生加入を達成する。
 当時生まれた課題は、出席しない学生が多くなったこと。
  ↓
 メーリングリストを作って、全員に連絡が瞬時に渡るように工夫
学生2
 学生時代は塾のアルバイト。
 生徒を増やすためにチラシ配りをする。
  ↓
 ワゴン車や自転車、表札などを見て、
 子供がいる家庭を狙ってポスティングをして、成果を上げる。
この会社は、成績の良い営業マンの傾向として「目標に達しないときは、これまでにない戦略を立てて解決する」能力がある。それを採用時に見極めようと、面接時には上記のような視点で学生を見ている。
==================
これまでの学生を選ぶ基準
 学歴 → 人物 → 応用力・創造性 → コミュニケーション
最近はさらに
 地頭力+即戦力が求められている
==================
以下、次回に続きます。
[関連記事]投稿後にリンクができるものも含みます
正社員への狭き門(1)採用側の事情
正社員への狭き門(2)新手の採用システム
正社員への狭き門(3)就活学生の事情

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 巷のニュース・TV   パーマリンク