ホーム > 仕事術+α > 巷のニュース・TV > ブログと提出文書>『プレジデント』

ブログと提出文書>『プレジデント』

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

【働くためのTips】へようこそ! →目次
今号の『プレジデント』冒頭で、企業のトップの人たちの「文章」に対する考えがインタビューで紹介されています。
年代が上ということもあって、皆さん「紙に書く」ことの大切さを説いていました。
ワープロ機能は便利になったけれど、込める気持ちが薄くなって、文章も魂の入っていない薄っぺらいものが増えてしまった、と。
確かに、一言に込める「気持ち」が測れたら重みが変わっているかもしれません。それも功罪があるので、どちらがよいとは一概に言えませんが。
中でも、文書として書く文章ブログでの速報性を重視した文章を区別しているSBIホールディングスの北尾吉孝CEOの記述は参考になりました。
同じでなくてもいいんだな、と。

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

ブログと提出文書>『プレジデント』 への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    紙に書くこと確かに大切だなーーって
    思います・・
    なので目標や夢などは
    自分のノートに手書きで書いてます^^
    念がこもっていいですねーーやっぱり^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 巷のニュース・TV   パーマリンク