ホーム > 仕事術+α > お役立ち情報・グッズ > ポメラ購入! 大きさはこんな感じレビュー

ポメラ購入! 大きさはこんな感じレビュー

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

丘村@オフィスワークの知恵袋です。→うちの本業はこちら

ポメラ(pomera)を手に入れました。白です。
黒いと鞄の中で見つけづらいという話があり、そうだなと納得。オレンジにも惹かれましたが、取り出したときにまだ派手派手なので、白に落ち着きました。
どんなものなのか、レビュー。

【働くためのTips】お金をかけない仕事術-ポメラ開く前
▲近所にあった鼻炎の薬と記念写真。文庫本サイズ。厚さも700円クラスの文庫本サイズ。
【働くためのTips】お金をかけない仕事術-ポメラ開きかけ1
▲いよいよ開いてみます。撮影用に指のみですが、実際はちゃんと両手で支えながら開かないと開きません。
左側にかちっと押せるボタンがあるので、それで引っかかりが取れて右部分を上に動かすことができます。
【働くためのTips】お金をかけない仕事術-ポメラ開きかけ2
▲回転中。いよいよフルキーボードの全貌が。この瞬間が楽しいです。キーボード左半分が左方向にスライドするようになっています。うまくできていますね。
【働くためのTips】お金をかけない仕事術-ポメラ全開
▲全開! かちっと鳴るところまで開くと、見事フルキーボードが目の前に。右側が少しふわふわしますが、支える足も出せるようです。まだやったことはありませんが。
おととい届いて、昨日もいろいろ試しました。
カチカチ音をさせるのが動作のひと区切りみたいなところが分かりやすいのですが、何度も使ったら摩耗するのかな、という心配はあります。
閉めるときにキーボードの右側を畳み始めるのでも、まず「ちょっと無理言わせてごめん」という感じでかちっと持ち上げてから閉じます。この辺大丈夫かな。でも摩耗するまで使ってやろう!という気も。
画面が小さいメリット、というのもあるのだなと思いました。大画面と向き合うよりも、小さい画面のほうが「埋めようかな」という気持ちになりやすいのを発見。
確かに2秒で起動・終了ができます。前回作業したところから、というのができなくて、毎回文書の最初からになりますが、毎回F1で付箋文を付けて、F5一発で付箋文まで飛ぶという機能があるので似たような状態をつくることはできます。
打つのには慣れが必要かもしれません。まだ手癖がパソコンサイズ。無意識のうちに叩く場所が電源の側だったりするので、これは気を付けるようにします。
テレビを見ていてCMの間だけ気づいたことを書くとか、書きかけていたものの続きを書くなど、今まで使っていなかった時間で文書に取り組めるので、それがまず楽しい。
KING JIM グッジョブ!!
ポメラのmicroSDカード、向きに気をつけて~(画像説明)
折りたたみ式(それも四つ折り)キーボード、画像公開!
ポメラより前の話です

もっと知りたい?


Facebookでコメント

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

カテゴリー: お役立ち情報・グッズ   パーマリンク