ホーム > 仕事術 > ビジネスの基本情報とマナー > 使って、大人になったなあと思ったオトナ語

使って、大人になったなあと思ったオトナ語

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

丘村@オフィスワークの知恵袋です。→うちの本業はこちら

社会人になってから使うようになった敬語たち。同じ日本語なのに、一定の年齢・ステージに来ないと絶対に使わないですね。不思議。

●ご査収ください
頻出度★★★★
モノのやり取り、データのやり取りのたびに使っています! でも絶対学生時代には使わない。プライベートも使わない。オトナ語代表ですね、自分の中では。
●ご笑納ください
頻出度★★
自分からは使わないのですが、初めて見たときは「こんな言葉があったのかい」とかなり衝撃的でした。
●平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます
頻出度★★★
平素に格別でなくても、ご高配がなくても、とりあえず「厚く御礼」を申しておくのは日本人の基本ですね。ワードで自動的に出てくるフレーズです(笑)
●ますますのご発展を祈念いたします
頻出度★★★
異動される方に「新天地でのご活躍をお祈りします」というのも同じくらいのレベル。その時々で心がこもっていたりいなかったりします。
●ご自愛ください
頻出度★★
仕事の場面ではあまり使いませんが、プライベートでちょっと目上の方に伝えたいとき、便利な言葉であります。
●お手数をおかけします
頻出度★★★★★
使わない日はないです。お願いするときはとにかくこれです。タイピングのクセが手に乗り移って、目をつぶっても打てるフレーズ。
●いっぴ(一日)
頻出度★★★
「4月1日」を「しがつ ついたち」とも「しがつ いちにち」とも読みません。「しがつ いっぴ」です。何だかお気に入りなので、人が「ついたちですね」と言っても「いっぴですね」と再確認してます。

もっと知りたい?


Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: ビジネスの基本情報とマナー   パーマリンク