ホーム > 読んだ本のレビュー > 生きた「人脈」を作りたくなったら読む本

生きた「人脈」を作りたくなったら読む本

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

派遣OLの仕事術へようこそ! →目次
土曜日に初めて「ブログセミナー」に行くので、主宰の立石剛さんが出された『頭のいい人脈の作り方』を読みました。
損害保険会社のトップセールスとなったあとに、ヘッドハンティングで保険会社へ。勤務しながらも35歳で起業家を対象とした勉強会「プロジェクトR21」を設立して、起業家の卵を応援する傍ら、ご自身もどんどん人脈を広げています。
「人脈」というのは、どこかの大企業の部長さんや課長さんがゴルフや接待、偉い人の交流会(←この時点で何か曖昧)で、企業の肩書きを存分に使って作り出すものだと思っていました。だから自分には縁がない。
ブッブー。間違い。
あなたでも私でも「人脈」を作ることができる。その考え方と実践の方法が書かれている本でした。
帯にあるコンテンツはこんな感じです。
 1 なぜ「人脈」が必要なのか
 2 「夢」を描けば人が集まる人になる
 3 あなたを印象づける「自分ブランド」の築き方
 4 人脈作りを加速する「情報発信ツール」の使い方
 5 会いたい人を引き寄せる「勉強会」の始め方
 6 価値ある人脈を手に入れるための「習慣術」

自分をどんどん売り込むプッシュ型の方法が並んでいる本ではありません。逆に「人を引き込む」仕組みが書かれています。自分も納得できて、相手も納得してもらえる関係作り。そのために身の回りにあるツールをどう活かせばいいのか、詳しく載っています。
この本を読んでの一番の収穫は、自分の手の届く範囲に「人脈」がある、「人脈」という言葉と自分を結びつけてもいい、と思えたこと。それは確かに会社を持っている社長さんなら作りやすい一面はありますが、普通のOLでも派遣でも会社員でもやっていい。
この本を今日の午後に買って、時間が空いて入った喫茶店で一気読みしてしまいました。「自分に繋がるものが何もないんじゃないか」とちょっと凹んでいたので、肯定的になれる読後感には本当に感謝です。
読んだ後はきっと「どうやって自分を作り出そうか、自分を作り込もうか」を考えます。もっと前向きに「自分の価値」と向き合いたくなる本。
下に表紙画像をつけますが、実は特典が付いてくる買い方もできるとのこと。興味がある方はこちらの方がお得に手に入ると思います。 → 特典について書かれた記事はこちら(今日の23時59分までだっ、すみませんっ)

本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方
立石 剛
日本実業出版社
売り上げランキング: 11

Facebookでコメント

comments

Powered by Facebook Comments

生きた「人脈」を作りたくなったら読む本 への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >◆みさきのゑ◆ハッピーコーディネーターさん
    コメントありがとうございます! ぜひリアルな人脈としてご縁を繋げていきたいと思います^^
    どんな方がいらっしゃるのか、楽しみです♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    お会いできるんですね!
    嬉しいです。
    少しでもお役に立てるようがんばります!
    そして、リアルな人脈としてぜひつながりましょう!
    土曜日よろしくお願い致します。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >片山智香子@ボウル一個のパン作りさん
    コメントありがとうございます!
    身の丈で活かせるお話がいろいろ載っていたので、本当に参考になります。フリーランスで仕事をされている方なら、さらに効果的に実践できそうなことばかりでしたよ~^^
    名前、ちょろっと変えました^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    この本、私のまわりでもみなさんお薦め著書として紹介していたので気になって購入しました。
    (アマゾンの方がお得だということは知りつつ、今日、書店にいく用事があったのでそこで・・・)
    さっそく読んでみよっと♪
    そそ、ハンドルネーム変えたのですね('-^*)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー: 読んだ本のレビュー   パーマリンク